ピッティ ウオモ 95の注目冬コーデ特集【2日目】

Share

2 ページ以降を表示しています。

元のページを表示
ピッティ ウオモ 95の注目冬コーデ特集【2日目】

ベルスタッフのワックスドジャケットで冬のジャケパンコーデを武骨かつスタイリッシュに仕上げ

ベルスタッフのアイコニックモデルとして有名な「トライアルマスター」をジャケパンスタイルの上に合わせたDaniele Biagioli氏をキャッチ。テーラードジャケットのブラウンベースチェックとシンクロするようなワックスドコットンのオリーブグリーンと、ベルスタッフブランドらしいスマートで洗練されたシルエットが、ジャケパンスタイルを武骨かつスタイリッシュに格上げしている。ペインテッドデザインが施されたリーバイスのジーンズも違和感なくスタイルにフィット。

ドレススタイルにフィットするオイルドワックスドジャケットでこなれた冬コーデに

カントリーテイスト漂うオイルドワックスドジャケット。いわゆるカジュアルウェアの範疇に含まれるが、英国発祥というバックグラウンドのせいかドレスアイテムにあわせても意外にも馴染んでしまうという不思議なアウターとして知られている。ピッティウオモではジャケパンやスーツにオイルドワックスドジャケットを合わせる洒落者の姿が散見された。下の御仁は、ブラウン系の色味のワックスドジャケットをジャケパンに合わせて今っぽく仕上げ。

最新の冬コーデは”紅”の差し色にトレンドの兆しあり!?

落ち着きのある紅のような赤色の小物・インナー使いを駆使する洒落者の姿が散見されたピッティウオモ95。ブラウンやオリーブグリーンといったコロニアルカラーとの相性も良く、組み合わせることで装いがフレッシュな印象に。スナップでキャッチした御仁のように赤タータンチェックのストールなど、手の出しやすいアイテムでいち早く取り入れてみてはいかがだろうか。

3/6GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ