市販でおすすめのホワイトニング歯磨き粉は?美しい歯をキープできる製品9選

Share

タバコは言うまでもないが、お茶やコーヒー、チョコレート、醤油などなど、口にする機会の多い飲食物の中にも歯に着色しやすいものは非常に多い。一度、歯が黄ばんでしまうとケアが大変になるため、輝く白い歯をキープするために日頃からホワイトニングに注力するのが賢明だ。そこで今回は、市販で購入できる「ホワイトニング歯磨き粉」をテーマに、選び方やおすすめ商品を紹介していく。

市販のホワイトニング歯磨き粉を選ぶポイントとは?

市販ホワイトニング歯磨き粉は、選び方を間違えると歯を傷つける原因にもなりかねない。そこでまずは、ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際に押さえておきたいポイントを紹介する。

ホワイトニング歯磨き粉を探す

市販ホワイトニング歯磨き粉の選び方①「黄ばみの原因“ステイン”が除去できる成分をチェック」

歯の黄ばみの原因として知られるステイン。タバコのヤニやコーヒー、お茶などの着色汚れのことで、一般的な歯磨き粉では落とすのが難しいと言われている。ステインを浮かせる作用のある成分は、ポリリン酸ナトリウム・ピロリン酸ナトリウム・マクロゴール・ポリビニルピロリドンなど。とくにタバコのヤニにはマクロゴールが適しているので、黄ばみの原因に合わせて最適な成分を選ぶのが良いだろう。

市販ホワイトニング歯磨き粉の選び方②「さらなる黄ばみを防ぐために、“着色予防ができる成分”が入ったものを」

ステインを除去したところで、新たに黄ばみを発生させては意味がない。ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際には、着色汚れを予防できる成分も配合されていると良いだろう。ポリリン酸ナトリウムは除去と予防ができる優秀なホワイトニング成分であるため、ぜひ取り入れておきたい。さらにハイドロキシアパタイトやゼオライトも予防として有効だ。

市販ホワイトニング歯磨き粉の選び方③「“研磨剤の有無”は欠かさずチェック!研磨剤が入っているなら短期間で集中ケアを」

研磨剤入りの歯磨き粉は着色汚れの除去に優れているが、歯の表面を削り傷つける可能性がある。汚れが酷い場合は研磨剤入りの歯磨き粉を2~4週間程度と短期間で集中して使うと、歯が傷付くことなく汚れを落とせるはずだ。ただし、軽度の黄ばみや予防であれば研磨剤フリーの歯磨き粉を選ぶのが良いだろう。

市販ホワイトニング歯磨き粉の選び方④「歯磨きが苦手なら“発泡剤不使用”が理想的!」

歯磨きは最低でも3分、理想は10分以上磨きたい。長時間の歯磨きが苦手であれば、発泡剤不使用の歯磨きがおすすめだ。発泡剤入りの歯磨き粉は、泡が出ることで「磨いた気分」になることも。発泡剤不使用だとそのような心配はなく、比較的しっかりと磨きやすい。「泡が出ない=洗浄力が低い」ということではないので、安心して使おう。

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する