メンズ肌をツルツルに!バスソルトのおすすめを厳選して紹介

Share

疲れを癒す至福のバスタイムをより充実させるなら入浴剤にこだわるのも有効な手立て。そんな入浴剤には様々な種類があるが、イマおすすめなのは断然“バスソルト”。湯に含まれる塩素を除去したり、ミネラルによって代謝を促してくれたりと、肌をスベスベにする効果が期待できるのが嬉しいアイテムだ。今回はそんな「バスソルト」にフォーカスし、メンズにもおすすめの製品をピックアップ!

スポンサーリンク

より効果を高めるために!バスソルトの正しい選び方とは?

バスソルトを探す

バスソルトの選び方①「まずは“種類”のチェックを!天然塩orエプソムソルト、どちらを選ぶ?」

一口にバスソルトと言っても、実は原料によって大きく2種類に分けられる。それが、天然塩とエプソムソルトだ。天然塩は海塩や岩塩といった天然由来の塩化ナトリウムのことを指し、保湿効果や古くなった角質を取り除く効果に優れているのが特徴。一方のエプソムソルトとは硫酸マグネシウムのことを指し、実際のところは塩(ナトリウム)ではないが、見た目が似ていることから“ソルト”と名付けられた。発汗・温浴作用があり、昔から欧米の一般家庭で親しまれている。このように、双方で得られる効果が異なるので、自身が求めるメリットに合わせて原料から選んでみてはいかがだろうか。

バスソルトの選び方②「せっかくのバスタイムをより癒しの時間にするなら“香り”も重要」

バスソルトといえば香りも重要なポイント。アロマ系のリラックス効果の高い香りから、華やかで優雅な香りまで種類は豊富にあるので、その日の気分や感じたい効果によって香りを厳選してみると◎ キツイ香りが苦手な人は無臭のエプソムソルトを選ぶのが良いだろう。また、あえて無臭のものをチョイスして手持ちのアロマオイルなどで香りをカスタマイズしてみるのもおすすめ。

バスソルトの選び方③「コスパで選ぶなら“使用量”も大事なポイントに」

入浴剤の中では高価な部類とされるバスソルト。それゆえ1回に使用する量も大事なポイントで、大容量だからと言って1度に使用する量が多いものはコスパが悪い可能性があるのでご注意を。1回に使用する量は製品によって様々だが、30g~100g程度を基準にしてみると良いだろう。

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する