ナイキをヒットさせるきっかけとなった「ワッフルソール」のスニーカーとは?今買える搭載モデルを紹介!

Share

革新的なイノベーションとストリートに映えるデザインを融合させた「NIKE(ナイキ)」のスニーカーたち。今回は、そんなナイキを人気ブランドへと成長させるきっかけとなった「ワッフルソール」を採用したモデルにフォーカス。人々を魅了する特徴から、今購入可能なワッフルソールのスニーカーたちを一挙紹介!

世界的スポーツブランド「NIKE(ナイキ)」の歴史とは?

誰もが知る世界的スポーツブランド「NIKE(ナイキ)」。スポーツ市場の中で絶大なシェアを占める超人気ブランドだが、意外にその歴史を語れる人は少ないだろう。ナイキの歴史のはじまりは、1964年。オレゴン州立大学の陸上中距離ランナーであったフィル・ナイトと、そのコーチであったビル・バウワーマンのタッグによって、前身となるブルーリボンスポーツ社を設立したことがきっかけ。当初はオニツカタイガー(現アシックス)の輸入販売店であったが、事業が成功したことにより自身の手で新しい靴をデザイン、生産、販売することとなり、1972年にナイキが誕生した。革新的でデザイン性の高いアイテムを次々に生み出すことで注目を浴び、豊富なラインナップ、様々なコラボアイテムを展開。今やスポーツ界だけでなくファッションシーンにも欠かせないブランドとして君臨している。

ナイキのアイテムを探す

ナイキをヒットさせた「ワッフルソール」の存在

様々なスニーカーを展開するナイキだが、ナイキを一躍有名にしたのはランニングシューズに採用された「ワッフルソール」と言われている。金属を使わないスパイクシューズの開発に取り掛かっていたビル・バウワーマンが、妻が出した朝ごはんのワッフルから着想を得て、ナイキのシューズへと落とし込んだそうだ。このワッフルソールは、一辺が約5mm程度の正方形の突起を採用したトレッドパターンで、滑りやすい路面でもしっかりとグリップ力を発揮。さらに地面を強く蹴れることから、ランニングシューズでもっとも大事なスピードをアップさせることに成功した。スニーカーにおける世紀の大発明と言えるこの画期的なシステムは、ナイキをトップメーカーへと押し上げた、ブランドを象徴するアイコニックなディテールの一つとなったのだ。

詳細・購入はこちら

ワッフルソールを採用したナイキのスニーカーが人々を魅了する理由とは?

ワッフルソールはいくつかのシリーズに採用されており、初期で言えば「オレゴンワッフル」「ワッフルトレーナー」「ワッフルレーサー」など多くのモデルに使われている。ワッフルソールの機能性の高さはもちろんのこと、凸凹とした立体的なソールでデザイン性も抜群。昨今では日本が誇るハイファッションブランドのsacai(サカイ)やfragment design(フラグメントデザイン)とのコラボモデルのベースにもなり、その人気をさらに飛躍させている。また、ワッフルソールを採用しているモデルのほとんどが、ナイキを象徴するスウッシュを大きめにデザイン。70年代を彷彿とさせるレトロでクラシックなデザインがたまらない。

詳細・購入はこちら

2/4GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

GOODS

スケーター向けに開発されたナイキのスニーカー「NIKE SB DUNK(ナイキ SB ダンク)」を徹底解説!

GOODS

ナイキの伝説的モデルを現代的にアップデートした「エアマックス 95 エッセンシャル」とは?

FASHION

ナイキの名作スニーカー「エアマックス90」を取り入れた大人コーデ事例6選!

COLUMN

ナイキスニーカーの絶対的エースが今年で40周年を迎えたこと、知ってた?

NEWS

ルイ・ヴィトンとナイキの「エア フォース 1」by ヴァージル・アブローがオークションに出品

GOODS

ナイキの元祖バッシュ「ブレーザー」が洒落男たちから支持を集め続ける理由とは?

GOODS

ナイキの“Air”を初めて搭載したランニングモデル「エア テイルウィンド」とは?

GOODS

バスケットボールシューズの傑作モデル!ナイキ「ダンク」の魅力を徹底解説

FASHION

ナイキのスニーカーを使ったメンズコーデを一挙紹介!定番だけでなくレアモデルにもフォーカス

GOODS

ナイキの名作スニーカー「エアフォース1(AIR FORCE 1)」が世界で愛され続ける5の理由とは?

GOODS

ナイキ「エアマックス95」はハイテクスニーカーの象徴!3つの特徴と定番・人気モデルを紹介

FASHION

エアマックス コーデ特集!ナイキの人気スニーカーを使ったメンズ着こなしを紹介