あのブランドのパックTって実際どうなの?気になる4ブランドのパックTシャツを編集部がレビュー

Share

気温が上がり、そろそろパックTシャツが気になる時期。今年はどこのブランドを狙おうか考えている方に向けて、今回は大手Tシャツメーカーとは一味違うファッションブランドが展開する気になるパックTシャツにフォーカス。厳選した4モデルの魅力を編集部が実際に着用して感じたレビューと共に紹介!

パックT①「3枚すべて無地なのにそれぞれ糸から仕様まで違う!“ナイジェルケーボンの3-PACK TEE”」

まずはじめにフォーカスするのが「Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)」の3-PACK TEE。一見するとシンプルな無地の3枚パックTシャツだが、実はそれぞれ異なる糸を使用し、仕様までチェンジしたひとクセもふたクセもある見どころ満載なパックTとなっている。それぞれTシャツは1830年、1950年、1990年という年代によって分けられており、当時の技術によって生まれた紡績糸の生地とデザインを採用した仕上がり。5面プリントが施された豪華なBOXパッケージ付きのため、ギフトとしてもオススメだ。

詳細・購入はこちら

3枚それぞれに違うアプローチで施された着心地の良さやデザイン性を底上げする他にはない工夫が◎

それぞれの素材スペックは各正規取り扱いのECストアにて紹介されているため、今回はちょっぴりマニアックな仕様について紹介していく。どれも特徴的なディテールデザインが存在するが、なかでも気になったのが1830年代のRING SPUN YARNの生地で仕上げられたTシャツ。シンプルなバインダー仕様のクルーネックTシャツかと思いきや、袖の脇下を見るとフライス生地でマチのような切り替えが取り入れられている。これによって腕が上げやすくなっており、電車で吊り革をつかむ際などに袖の引っ掛かりを感じにくいストレスフリーな着心地に。シンプルだけど他には無い工夫がグッとくる。

詳細・購入はこちら

編集部がレビュー!「こなれ感たっぷりで飽きずに着られる優秀パックTシャツです!」

 OTOKOMAE 編集部員A
白のなかでもオフホワイトに近い色味なので、古着やアメカジ、ミリタリー系のファッションと好相性に感じます。オーバーサイズの着こなしが好きな身長170cmの当方は、52(XL)サイズを購入。3枚それぞれシルエットが異なりますが、どれも程よくゆとりを感じるサイズ感でした。ノンウォッシュのため、洗濯をすると1cm前後縮みます。どれも適度な厚みがあり、透けはそこまで気にならないので、Tシャツをノーインナーで着用する方にもおすすめです。

パックTシャツ②「米国の老舗ブランドのパックTはスーピマ綿を贅沢に100%採用!“ブルックス ブラザーズの3枚パックTシャツ”」

オーセンティック回帰がトレンドとなっているイマ注目したいのが「Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ)」。1818年に米国で創業した老舗ブランドで、老若男女問わず愛され続けている。そんなブランドが展開するパックTシャツは、上質なコットン原料として知られるスーピマ綿を贅沢に100%採用した品の良い仕上がり。トラッドスタイルを代表するブランドらしい、計算されたネックラインと着回しやすいベーシックなシルエットで、幅広い着こなしにマッチする。

詳細・購入はこちら

丸胴&ネームプリントで上質な生地の風合いを肌感覚で楽しめる!

ブルックス ブラザーズのパックTシャツは丸胴になっている。丸胴とは、筒状に編んだ生地をそのままいかして胴のパーツとして使用したもの。これによって脇の縫い目が無いミニマルな見た目に仕上がるのに加えて、縫い代が無くなるため一枚で着用すれば生地の上質な風合いを心ゆくまで楽しめる。さらにネームはプリントにすることで、着用した際にタグが肌にあたらないよう配慮。見た目の美しさはもちろん、実際に使用するまでのシーンを想定しながら細部までこだわって生産されたTシャツだ。

詳細・購入はこちら

編集部がレビュー!「高級感のある生地の風合いと計算されたネックラインが高ポイントです!」

 OTOKOMAE 編集部員F
スーピマコットンの繊細な風合いと清潔感のある真っ白な色味は、カジュアルなTシャツながらどこか品を感じさせます。クルーネックとVネック2種類のネックラインと、ベーシックなホワイト、グレー、ブラックの3色をベースに展開されており、私は半袖シャツのインナーに合わせるためにVネックの白Tシャツをチョイスしました。生地は繊細な仕上がりのため、人によっては透けが気になるかもしれません。Vネックはシャツを上に羽織って第二ボタンを開けて着用してもTシャツが隠れるほどの深さがあるため、クールビズの着こなしでシャツのインナーに着るのも良さそうです。

パックTシャツ③「とろみのある光沢を放つスムース生地にうっとり!“ジェントルマン プロジェクトのNEW ANONYMOUS 2 PACK-TEE”」

上質な生地や仕様にこだわった現代的なべーシックアイテムの展開で人気を集めている「GENTLEMAN PROJECTS(ジェントルマン プロジェクト)」。2枚で1セットのパックTシャツ「NEW ANONYMOUS 2 PACK-TEE」は、とろみのある光沢を放つスムース生地による高級感が最大の魅力だ。新型となる今作は、襟にスパンフライスを採用。これはキックバック性の高い生地で、洗濯を重ねても襟が型崩れにくいというメリットがある。

詳細・購入はこちら

シルケット加工が施されたスムース生地による艶やかな光沢がTイチの着こなしを格上げする!

このパックTシャツは、滑らかな表面感になるスムース編みの生地を採用するだけでなく、さらにそこへ光沢を底上げするシルケット加工が施されている。そのため、一般的な天竺編みのTシャツとは一線を画する存在感でTイチの着こなしを格上げ。ジーンズやチノパンを合わせたカジュアルなスタイリングはもちろん、スラックスなどのドレスアイテムとのMIXコーデまで楽しめるアイテムだ。

詳細・購入はこちら

編集部がレビュー!「高級感たっぷりの艶やかな光沢が新感覚のパックTシャツ!」

 OTOKOMAE 編集部員N
一般的な価格重視のパックTシャツの感覚で“NEW ANONYMOUS 2 PACK-TEE”を購入すると、良い意味で期待を裏切られると思います。天竺編みとは一線を画するシルケットスムース生地は、きっとトリコになる人が多いはず。上品に装いたくなる光沢のある生地感かつ、ウエストがほどよくシェイプされたシルエットのため、スラックスや革靴などをMIXした都会的なコーディネートがお好みの方は必見です。ショッパーのような半透明パッケージは結構丈夫なつくりで、旅行時のパッキンなどに再利用しやすいのも地味に嬉しいポイント。

パックTシャツ④「超速乾で丈夫だからガシガシ着られる!上品スポーティにキマる“エイチアイピー バイ ソリードのTEXBRID HONEYCOMB MESH 2 packT”」

スポーツシーンにもフィットするアクティブなアーバンウェアを展開する「H.I.P. by SOLIDO(エイチアイピー バイ ソリード)」。展開されているパックTシャツもブランドのコンセプトにフィットするアーバンな仕上がりで、ベーシックなTシャツとは一味違う工夫が取り入れられている。まず注目したいのが生地。ハニカムコンボメッシュという構造のポリエステル生地で、ドライなタッチが特徴的だ。非常に速乾性に優れており、気温の高い晴れの日であれば脱水して干してから10分で乾くといっても過言ではないほど。ハリコシがあり、洗濯してもヘタレず、シワも気になりにくい。厚みがあるため、1枚で着ても透けの心配はご無用だ。

詳細・購入はこちら

大人のアーバンスポーティなムードを加速させるスプリットラグランスリーブに注目!

カットソー生地のなかでは伸縮性が低いため、袖はスプリットラグランスリーブを採用して可動域をアップ。スプリットラグランとは、フロントはセットインスリーブでスマートな見た目ながら、バックはラグランスリーブで動きやすさと立体感を向上させた仕様だ。このモデルは更に、ラグランスリーブ側のバックスタイルにダーツを施して立体感をプラスした特別設計となっている。

詳細・購入はこちら

 OTOKOMAE 編集部員I
肩周りのつくりが独特なので、着こなしにこなれ感を演出できます。ジャケットに合わせるというコンセプトで設計されているTシャツのため、襟ぐりはやや狭く、衿リブ巾は太め。このブランドが展開しているようなジャージーやナイロン製のスポーティなセットアップスーツと相性バツグンです。身長174cmでLサイズを着用して少しゆとりを感じるサイズ感でした。
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する