GRAMICCI(グラミチ)が快適すぎる!クライミング由来のパンツ&ショーツ7選

Share

休日の街中で「この人、ショーツの着こなし上手だな」という大人を見つけると穿いていることが多いグラミチ(GRAMICCI)のパンツ。バックルやベルトの先などにブランドのアイコン“ランニングマン”が見えるそのアイテムの魅力は、圧倒的に快適で動きやすいこと。そして、クライミングパンツをベースとしているのに、タウンユースでもお洒落な大人のパンツとして合わせられること。いまや日本で根強い人気を誇るブランドの魅力を、そのディテールから定番モデルの紹介まで紹介!

スポンサーリンク

“ストーンマスター”の手により誕生した「グラミチ(GRAMICCI)」とは?

アメリカのロッククライマー、マイク・グラハム氏が1982年にカリフォルニアの小さな倉庫で立ち上げたブランドが「グラミチ(GRAMICCI)」だ。創立者である彼は、1970年代にロッククライミングの世界を牽引してきた「ストーンマスター」という呼び名をもつほどの人物。先進的な感覚をもっていた彼にとって、当時のクライミングウェアには満足いくものが見当たらず、独自の手法で機能性に優れたクライミングウェアを作ることに着手した。そうして、このブランドが生まれるに至ったのだ。

グラミチのアイテムを探す

そして、生みだされたファッションアイテムの中でも「グラミチパンツ」と「グラミチショーツ」が驚くほどのヒット商品へと成長。それらは、ロッククライミングで必要となる独特の機能性をもち、間もなく全米中で人気を得ることになり、グラミチのパンツはクライミングパンツの代名詞的存在に。日本にもその勢いが届くようになると、その評価は洋の東西を問わず、ファッションと機能を両立した楽ちんパンツとして定番化するまでにヒットした。

2/6GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ