テーラードジャケットの着こなしを新鮮にみせるならオーバーサイズがカギ!大人が着るときの最適解は?

Share

高感度な洒落者がこぞって取り入れているオーバーサイズの着こなし。エレガンスの復権が唱えられている昨今、テーラードジャケットもオーバーサイズで取り入れる御仁が急増中だ。しかし、身体にジャストフィットしたスタイルがクラシックで正義とされているドレススタイルの王道アイテムであるテーラードジャケットを、オーバーサイズで着こなすのは至難の技。今回はそんなテーラードジャケットのオーバーサイズの着こなしの最適解になるであろう逸品を紹介!

スポンサーリンク

テーラードジャケットをオーバーサイズで着るなら?→オーバーサイズに設計されたジャケットを選ぶのが吉!

元々オーバーサイズに設計されたテーラードジャケットなら、着こなすのも簡単。通常サイズのテーラードジャケットをサイズアップして着ると、肩周りが変に余ったり、着丈が長すぎたりと、違和感のある着こなしに陥りがちだが、オーバーサイズでの着用を前提に仕立てらえれたテーラードジャケットは、そんな細部のバランスもしっかりと調整されているから安心だ。例えば、ラトーレが2020SSに新たに提案したこちらのテーラードジャケット。通常よりも2サイズアップさせたようなシルエットに仕上げることで、通常のテーラードジャケットとは一味違うシルエットを表現している。

ラトーレ

お問い合わせ先:03-5216-6521(コロネット)

100%メイド イン イタリーのテーラードジャケットなら小僧感は一切なし!

モードブランドだとデザインが前衛的過ぎたり、ストリートブランドだと仕立てが簡素化され過ぎたりと、オーバーサイズのジャケットは様々なブランドから展開されてはいるものの、実際に着こなすとなると意外にしっくりくるデザインは少ない。その点、こちらのテーラードジャケットは、1965年よりテーラーとして活動しているファクトリーが手掛ける100%メイド イン イタリーで、クオリティは本格的なテーラードジャケットそのもの。コンサバ過ぎず、攻め過ぎない絶妙な按配に仕上げられているため、オーバーサイズの着こなしで陥りがちな小僧感を与える心配も無用だ。

100%メイド イン イタリーのテーラードジャケットなら小僧感は一切なし!

お問い合わせ先:03-5216-6521(コロネット)

テーラードジャケットの顔となるラペルの雰囲気も◎

テーラードジャケットの印象を大きく左右するディテールのひとつであるラペルも、ふんわりと返る完成度の高い仕上がり。ラペルの端にはAMFステッチを施すことで、手縫いのような風合いを演出。地面と平行に伸びるようなきざみのデザインもイマの気分にピッタリだ。

ラトーレ 2

お問い合わせ先:03-5216-6521(コロネット)

生地はカノニコ社のサマーウールを採用。繊細でドレッシーな光沢が、大人に相応しい品を演出する。仕立ても生地も妥協無しで、トレンドのオーバーサイズシルエットを採用したイタリアブランドの新感覚ジャケット、ぜひチェックしてみて欲しい。

生地はカノニコ社の100%ウールを採用!

お問い合わせ先:03-5216-6521(コロネット)

【関連記事】「LATORRE(ラトーレ)」が遂に日本へ本格上陸!業界人が選ぶ実力派の伊ファクトリーブランドが秘める魅力とは?

イタリア南部のバーリにて地元密着型のテーラーとして活動をスタートし、現在は数々の...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ