冬のマストアイテム「カナダグース(CANADA GOOSE)」のメンズウェア特集

Share

カナダグース(CANADA GOOSE)と言えば、真冬のアウターにおける定番ブランドのひとつ。革新的な技術力による高い防寒性能とファッション性で、国内外問わず絶大な人気を誇る。左袖に備えられたシンボルマークのロゴワッペンは、冬の都心では見ない日がないほど。今回はカナダグースのメンズアウターにフォーカスし、その魅力とおすすめのアイテムを紹介!

スポンサーリンク

冬の王道メンズウェアブランド「カナダグース(CANADA GOOSE)」とは?

本格スペックのダウンウェアを手がけてきたカナダグースの歴史

カナダグースは、1957年にカナダのトロントでサム・ティック氏により創業されたブランド。元々はメトロスポーツウェアという社名で、ウールのベストやレインコート、スノーモービルウェアなどをメインで手がけていた。最初の転機は1970年代で、新たなダウン充填機を発明したことで大容量の生産にも対応。カナダグースの前身となるスノーグース社を設立した。1980年代には極寒地で活動する人々からのデータを元に、南極のマクマード基地に滞在する研究者へ向けたエクスペディションパーカーを開発。これが定番の一着となり、アイコニックな赤いカラーリングから「ビッグ・レッド」のニックネームで親しまれるようになる。1982年にはカナダグースによる特注パーカーを着用したローリー・スクレスレットが、カナダ人として初めてエベレスト登頂を達成した。

カナダグースのメンズウェアを探す

1997年、創業者の孫にあたるダニー・リースが入社。多くのアメリカメーカーがアジアなど海外に生産拠点を移すなか、2001年に社長兼CEOに就任したダニー・リースは「メイド・イン・カナダ」にこだわることを宣言した。ブランドは大きく成長し、『デイ・アフター・トゥモロー』や『ナショナル・トレジャー』といった大作ハリウッド映画のほか公式・非公式問わず世界中のさまざまな映画撮影時に採用されるなど、ブランドの認知度が向上。2016年には初のフラッグシップショップをトロントとニューヨークにオープンし、世界的なブランドへと発展した。

細部にまでこだわったカナダグースの製造技術

カナダグースのアウターは、北極圏の厳しい環境にも耐えうることを目的に設計されている。「メイド・イン・カナダ」にこだわった高度で精密な裁断・縫製技術は、何十年もの経験によって磨かれてきた。すべてのジャケットは13の製造工程と職人による手仕事によって生み出される。ジッパーからボタン、縫い糸の1本1本まで細部のディテールが慎重に考え抜かれ丁寧に縫製。出荷前には、専門の品質保証部がすべてのジャケットを手に取って検査し、不備がないことを細かく確認して世に送り出される。この妥協のないクラフツマンシップは、カナダグースが世界的に支持される理由のひとつだ。

カナダグースのメンズウェアを探す

2/6GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ