化粧水は手orコットン、どっちで付けるのが正解?

Share

肌を整えたり、他のスキンケアの浸透率を高めるといった役割のある化粧水。そんなスキンケアの要とも言えるアイテムだからこそ正しい使い方をしたいところだが、手で馴染ませるべきという意見もあれば、コットンを使用すべきという意見もあり、どちらでケアすべきか迷ってしまいがち。一体どちらが肌にとって良いのかご存知だろうか?

スポンサーリンク

化粧水を正しく塗布できるならどっちでもOK!自分にあった方法でスキンケアを

結論から言うと、顔に均一に塗布できるのであればどちらでもOKだ。とはいえ、どちらもメリット・デメリットがあるため、自身に適した方法を取り入れるのが吉。ここからは、そんな双方の良い面と悪い面を解説していく。

化粧水を手で馴染ませるメリット・デメリット

まず化粧水を手で馴染ませていくメリットは、肌への摩擦が少ないことや化粧水の使用量が少なくてすむことが挙げられる。また、肌に直接触れながら塗布することで、見た目だけでは気づきにくい肌荒れなどに素早く気づくことも可能だ。その一方で塗りムラが生じやすいため、細部まで念入りにケアをする必要がある。また、叩くように強くパッティングしたり、擦るように馴染ませるのはNGだ。

化粧水をコットンで馴染ませるメリット・デメリット

化粧水をコットンに染み込ませてから顔に塗布していく方法は、肌に均一に化粧水を馴染ませることが一番のメリット。なんとコットンを使った方が肌の水分量が多かったというデータもあるのだとか。その反面、コットンを定期的に購入するという手間が発生するのは言うまでもないが、摩擦を減らすために化粧水を多く使わなければならないため、コスト面においては手で馴染ませるのに劣る。また、とろみの強い化粧水だとコットンに染み込まないので要注意。

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する