グランサッソ(Gran Sasso)とは?イタリア屈指ブランドのニットウェア10傑を紹介!

上質な素材と卓越した技術によって、美しいニットアイテムを展開する人気イタリアブランド「グランサッソ(Gran Sasso)」。王道のクルーネックやモックネックニットから、ポロシャツやニットTシャツまで汎用性の高いアイテムを多岐にわたって展開している。今回はグランサッソにフォーカスし、おすすめのニットアイテムを紹介!

スポンサーリンク

イタリア屈指のニットメーカー「グランサッソ(Gran Sasso)」とは?

グランサッソはイタリアの小村サンテジーディオ・アッラ・ヴィブラータにて1952年に誕生したニットブランド。ネッロ、エラルド、アルチェオ、フランチェスコのディ・ステファノ4兄弟によって創業された。小さなニット工場としてスタートしたグランサッソだが、高品質なアイテム作りよって1970年代には世界にその名が知れ渡ることに。国際的な服飾展示会にも積極的に出展し、やがて国内外の一流ブランドのニット製品も手がけることとなった。2002年には3万6000平米もの敷地に工場やオフィス、ショールームなどを備える本社屋を建設。現在はディ・ステファノ家の二代目に継承し、ブランドショップだけでなく、コーナー展開やショップインショップを世界的に展開している。実に世界5大陸の約3000ものショップでニットアイテムを販売。名実ともにイタリアを代表するニットメーカーとして幅広い層に支持されている。

グランサッソ(Gran Sasso)ニット首元寄り

グランサッソのアイテムを探す

シンプルながらも高品質であることが伝わるグランサッソのニット

グランサッソは「品質が商品を語る」というモットーにしたがい、ハイクオリティなニットを追求している。本社工場に加え、古いレンガ工場を改築したコットン製品の専門工場や、画期的な浄水施設を備える染工場も所有。すべての工程をイタリア国内で行うことにこだわっている。なかでもニットウェアの着心地を左右する高難度なリンキング(パーツを縫い目なくつなぐ手法)には、熟練職人の技と最新の機械設備を駆使するなど、伝統的な技術を守りつつ革新的な設備も導入。最高品質の素材を厳選するほか、自社の染工場での新しいウォッシュやトリートメントの開発などにも力を入れている。グランサッソのアイテムは全コレクションに共通して、デザインにブランドロゴや装飾などを施していないのが特徴。シンプルなデザインが、高い品質こそすべてであることを物語っているのだ。

グランサッソ(Gran Sasso)ニット生地寄り

グランサッソのアイテムを探す

2/10GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ