東京オシャレ銭湯13選【460円で贅沢気分!最新版】

墨田御谷場

自宅のお風呂も良いですが、男なら手足が伸ばせて開放的な「銭湯」でリラックスタイムを満喫したいものですね。実は銭湯の入浴料は各都道府県で統一料金が設定されています。物価の高いことで知られる東京都内でもなんと大人460円という低価格で楽しめてしまうんです!同じ460円ならば、より快適でスタイリッシュな銭湯をチョイスしたいところではないでしょうか。今回は特におすすめできるおしゃれ銭湯を厳選してご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜイマおしゃれ銭湯が熱いのか!?

昔ながらの趣のある銭湯もそれなりに雰囲気があって良いですが「古すぎてなんかテンションが下がってしまった..」なんて経験はありませんか?2000年前後を皮切りに、現代風にリノベーションされた銭湯が次々にリニューアルオープンしています。都会的・近代的なデザインの銭湯もあれば、昔っぽい雰囲気あえて残したレトロ調デザインの銭湯もあり、銭湯のオーナーの嗜好が垣間見えて面白いですね。そんな「デザイナーズ銭湯」「おしゃれ銭湯」の影の立役者としてひそかに知られる今井健太郎氏の活躍には目を見張るものがあります。同氏の設計した銭湯も多数紹介していきますので乞うご期待!

渋谷駅のおとなり池尻大橋のおしゃれ銭湯と言えば「文化浴泉」

池尻大橋銭湯

昭和3年創業という古い歴史をもつ「文化浴泉」をリニューアルしたのは他でもない今井健太郎氏。座風呂、ボディーマッサージ風呂、ナノ風呂、水風呂、サウナが楽しめます。テレビドラマ「風呂上りの夜空に」のロケ地としても使われたことも知られています。通常営業時はnano湯(ナノバブルバス)ですが、日曜は「生薬の湯」になります。日本で初めて浴室に描かれたという丸いキャンパス富士山のペンキ絵が粋。

文化浴泉デザイナーズ銭湯imai88.jp

アクセス:東急田園都市線池尻大橋駅東口徒歩5分
営業時間:15:30~25:00 (※日曜は8:00~12:00/15:30~25:00)
定休日:毎週火曜日(祭日の場合は翌日休み)
HP:http://bunkayokusen.grupo.jp/

東京イチのおしゃれスポット表参道徒歩2分の銭湯と言えば「清水湯」

表参道銭湯清水湯shimizuyu

「南青山で、ひとっ風呂。」がコンセプトの銭湯。南青山で100年以上の歴史を持ちますがリニューアルオープンした銭湯は、特に気取った感じではなくシンプルかつ清潔。全館軟水使用、高濃度炭酸泉、シルク風呂など、バラエティー豊かなお湯が楽しめるのが特徴です。コンパクトながら清潔な休憩・待合スペースに置かれる雑誌もさりげなくファッション誌だったりとさりげなく都会の風を感じさせてくれます。

南青山銭湯サウナ

細い部分ですが浴場内のシャワーには、ドイツのグローエ社レインシャワーヘッドを採用するこだわりも。

アクセス:東京メトロ「表参道駅」A4出口より徒歩2分
営業時間:平日 12:00〜24:00(最終入場23:30)土・日・祝日 12:00〜23:00(最終入場22:30)
定休日:毎週金曜日
HP:http://shimizuyu.jp

おしゃれセレクトショップの並ぶ中目黒の銭湯といえば「光明泉」

光明泉中目黒の銭湯imai88

中目黒駅徒歩3分という絶好のロケーションの「光明泉」は、またまた今井健太郎氏の手によって2014年3月にリニューアルオープン。現代的でモダンな銭湯へと変貌を遂げました。高濃度炭酸泉、人工ラジウム泉、サウナ、水風呂を備えます。3階に露天風呂があるのですが、週替わりで男女どちらかしか入れないので入りたい人は事前確認要です。

アクセス:東急東横線、東急メトロ日比谷線『中目黒』駅より徒歩3分
営業時間:15:00〜25:00(※最終受付入場24:30※露天風呂は男女週替わりで金曜に切り替わり)
定休日:不定休
HP:http://kohmeisen.com/guide/index.html

「千代の湯」(目黒区・学芸大学)

学芸大学銭湯千代の湯imai88

おしゃれ家具として有名な学芸大学に立地する「千代の湯」は25年ぶりにリニューアル、おしゃれな銭湯として生まれ変わりました。リニューアルオープンにあたっては内外装だけではなく。自慢の軟水に加えて炭酸泉を導入。銭湯につきもののペンキ絵にもこだわっており、男湯は中島盛夫氏、女湯は丸山清人氏の作品が描かれています。ちなみに千代の湯も、今井健太郎氏のプロデュースだけあってハイセンス!

アクセス:東横線学芸大学駅下車1分
営業時間:15:30〜25:00
定休日:月曜日
HP:http://www.tiyonoyu.com

リニューアルで天然温泉に進化!壁画へのこだわりも見逃せない「戸越銀座温泉」

東京都内銭湯オシャレtogoshiginzaonsen.com

約40年にわたって戸越銀座で愛されたきた銭湯「中の湯」は実は約一年の休業を経て「戸越銀座温泉」として2007年4月19日にリニューアルオープン。このタイミングで温泉を掘って「天然黒湯温泉」を楽しめるようになったのも嬉しいポイントです。「懐かしさと新しさ」を象徴するのが浴室のペンキ絵です。壁の半分には伝統ペンキ絵師の中嶋盛夫氏の富士山、半分にはモダンアーティストの富士山が描かれています。

アクセス:都営浅草線「戸越」駅より徒歩3分 / 東急池上線「戸越銀座」駅より徒歩5分
営業時間:15:00〜25:00(※日曜・祭日は朝湯あり。8:00〜12:00)
定休日:毎週金曜日
HP:http://togoshiginzaonsen.com

武蔵小山で2種の天然温泉が楽しめる!「清水湯」

武蔵小山銭湯清水湯shimizuyu.com

武蔵小山の天然温泉の銭湯、旅館っぽいとデザインは雰囲気たっぷりですよ。疲労に効く「黄金の湯」と、美肌効果抜群の「黒湯」2種類の天然温泉が露天風呂で楽しめるのが特徴。女性専用ですが岩盤浴もあるので彼女や奥さんを連れていくのもアリですね。派手な賑わいはありませんが美味しくて穴場の居酒屋もある武蔵小山商店街の散策がてらの訪問なんていかがでしょうか。

アクセス:東急目黒線武蔵小山駅より徒歩5分
営業時間:平日12:00~24:00 / 日曜日8:00~24:00 / 祝日12:00~24:00
定休日:平日月曜日
HP:http://www.shimizuyu.com/

テレビでも紹介された黒湯の濃さが自慢のオシャレ銭湯!「天神湯」

北品川銭湯天神湯onsenjapan

「天神湯」は「湊湯」の姉妹店。品川区にある天然温泉です。通常の白湯だけでなく地下100メートルから汲み上げた黒湯も使っています。東京で湧く温泉の特徴でもある黒湯は、文字通り色が黒くミネラル豊富な湯、美肌効果が高いことで有名です。特に天神湯の黒湯は「都内で最も濃い」ことで知られ「たけしの健康エンターテイメント みんなの家庭の医学」2時間スペシャルでも紹介されたほど。

こちらで銭湯内部の様子を360度くまなく見渡せます。

まるで温泉旅館のたたずまい「ふくの湯」

ふくの湯東京銭湯imai88

昭和47年に創業した老舗がリニューアルオープン、夜には雰囲気のある照明でライトアップもされる木造建物はまるで旅館のようです。浴室の壁に描かれた赤富士や松のペンキ絵が見ものです。一人用に陶器の壺湯お風呂もあるので、ゆっくりしたい方や大人数で浴槽に入るのが苦手という人にもおすすめです。定休をもうける銭湯が多いなか無休というのも嬉しいポイントです。こちらも今井氏のプロデュース。

千駄木銭湯

アクセス:東京メトロ南北線「本駒入」駅より徒歩5分
営業時間:11:00〜24:00
定休日:無休
HP:sentou-bunkyo.com

ジャズが流れるリラックス空間「湊湯」(中央区・八丁堀)

八丁堀銭湯湊湯minatoyu.jp

実は前述「天神湯」の姉妹店。2010年12月27日リニューアルオープンしています。浴室は木目調と黒石タイプの2種類。他の銭湯ではまず考えられないことですがジャズがBGMとして流れています。オプション料金がかかりますが「コンフォートサウナ」「ロッキーサウナ」も備えています。

アクセス:JR京葉線「八丁堀」駅B4出口より徒歩5分/東京メトロ日比谷線「八丁堀」駅A2出口より徒歩7分
営業時間:15:00〜24:30
定休日:土曜日
HP:http://www.minatoyu.jp/

地下200Mからの良質な天然井水で沸かした湯「第一金乗湯」

第一金乗湯imai88

2013年3月にリニューアル。地下200Mからの良質な天然井水で沸かしたお湯です。白湯、薬湯、各種マッサージ風呂、電気風呂、水風呂があります。こちらも今井プロデュース、パイオニアだけあっておしゃれ銭湯の今井プロデュース率高すぎです..

アクセス:上板橋(徒歩8分) /東武練馬(徒歩10分)
営業時間:16:00~24:00※日曜は15時から営業
定休日:不定休
HP:enjoytokyo.jp/life/spot/l_00023687/

デザイナーズ銭湯はここから始まった!伝説の「大平湯」

大平湯imai88

「デザイナーズ銭湯」「おしゃれ銭湯」のパイオニアである今井健太郎氏が最初に手がけたと言われているのがこの「大平湯」。当時銭湯の設計未経験だった今井氏に「面白そうだな、それならやってみてくれ」と肩を押したのが代表の吉田建典氏。きっと漢気溢れる方なのでしょう。他のおしゃれ銭湯に比較すると、ややおしゃれ感は少ないかもしれませんが「おしゃれ銭湯」を語る上では訪問必須の銭湯です。

アクセス:つくばエキスプレス青井駅より徒歩5分 /東武伊勢崎線「五反野」駅よりバス。「青井6丁目」下車、徒歩3分 (駐車場あり)
営業時間:14:30~24:00※日曜8:00〜12:00、15:00〜24:00
定休日:月曜(祝日は翌日休)
HP:http://www.taiheiyu.com/

秀逸なモダンジャパニーズデザイン「墨田区御谷湯」

墨田御谷場imai88

昭和22年(1947年)の創業以来、地元に愛され続けた銭湯ですが、平成27年5月に今井氏の手によって「地域の憩いの場」「高齢者、障がい者の利用」「雨水の活用」をテーマにリニューアルオープン。

アクセス:都営地下鉄浅草線「本所吾妻橋」駅から徒歩12分 / 東京メトロ「錦糸町」駅から徒歩16分 (バス利用も可、詳細はHPで)
営業時間:15:30~26:00※最終入場は25時30分
定休日:月曜※祝日は翌日休
HP:http://mikokuyu.com/

銭湯でプロジェクションマッピングを楽しめるなんて..「久松湯」

久松湯

平成26年5月に「天然温泉久松湯」としてリニューアルオープン。練馬区では初の地下1500mもの深さから発掘した天然温泉を使った銭湯です。この銭湯の特徴は何と言ってもアトリエオモヤの手がけるプロジェクションマッピング。地域の四季の光景やアーティストの映像作品などが浴室内の壁に投影されます。夜になると毎日見ることができるので、仕事終わりに湯につかりながらのアート鑑賞なんていうのもいいですね。

アクセス:西武線「桜台駅」徒歩7分
営業時間:11:00〜23:00
定休日:火曜日
HP:http://hisamatsuyu.jp/

FOLLOW US

Related post