ネクタイ 結び方 【こなれ感を出す5つのコツ】

ネクタイ 結び方

ビジネスマンにとって、必須アイテムのネクタイ。同じネクタイ、同じシャツでもちょっとした結び方テクニックでこなれ感が出せるのをご存知ですか?ネクタイはいろいろな結び方がありますが、ここ最近のトレンドは最もシンプルな結び方である”プレーンノット”です。今回はそんなプレーンノットで周囲を一歩リードするためのテクニックをユナイテッドアローズのラインの中でも最もスーツやジャケットスタイルに強い”ザ ソブリンハウス”の藤田裕貴氏のレクチャーをGQ JAPANさんが公開していたので紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ここが違う!ポイント①:下になる小剣を半分に折る

ネクタイ結びはじめにいきなり、テクニックが炸裂します。大検と小剣を重ねたときに、小剣側を外側に向けて半分折ります。

ネクタイかっこいい結び方

ここが違う!ポイント②:逆サイドも半分に折る

逆サイドも半分に折ります。今度は内側に向けて折るのがポイントになります!

ネクタイ結びのちょっとしたコツ

おさらい:最初は外側に、次は内側に折る

プレーンノットのコツ

ここが違う!ポイント③:不要なところにシワが出ないように大剣を流していく

ネクタイに余計なシワが出ないように大剣をループに通します。ここで余計なシワを出さないことによって、見た目がスマートにキマります。それだけではなく、余計なテンション(力)がかからないので、シワにならずネクタイが長持ちするというメリットもあるんです!

ネクタイおしゃれな結び方

ここが違う!ポイント④:ノットはいきなり締めず、形を整えながら締める

完成形をイメージしながら形を整えながら徐々に締めていきましょう。

ノットはいきなり締めずに形を整えながらやるのがポイントイタリア伊達男ネクタイ結びのコツ

ここが違う!ポイント⑤:アシメ(左右非対称)でこなれ感を出す!

ディンプル(えくぼ)の位置を中心からややズラすことでこなれ感が演出できます。また、小剣を写真のように大剣の下からチラ見せするようにスライドさせるとより洗練されたスタイルになります。ポイントとしては、ディンプルと寄せる方向と小剣をチラ見せする方向は逆サイドにすることです。こうすることで作り込んだ形がくずれにくくなります。

ネクタイ結び干場

FOLLOW US

Related post