ダウンベスト メンズ コーデ 特集!注目のアウター使いからインナー使いした着こなしまでを紹介

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

ブルーのグラデーションを表現したダウンベストコーデ

紫味のかかったブルーのダウンベストにネイビーパンツをセットして、ブルーのグラデーションを表現したメンズコーディネート。ブルーと相性が良いグレーのニットや白スニーカーといった、明るめなモノトーンアイテムを合わせることによってブルーの色味を際立たせながら冬のコーデに軽やかさをプラスしている。フロントボタンの上側のみを留めたシルエットバランスの調整テクニックも秀逸。

ブルーのグラデーションを表現したダウンベストコーデ

POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフローレン) キルトベスト

POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフローレン) キルトベスト

詳細・購入はこちら

ジャッカ・エ・ジレでメンズドレスコーデに洒脱なアクセントをプラス!

ニック・ウースター氏をはじめとした洒落者たちがこぞって冬コーデに取り入れているテクニックのひとつが「ジャッカ・エ・ジレ」だ。この言葉は、イタリア語の直訳でジャケットとジレの意味を持ち、テーラードジャケットにベストを合わせたコーディネートを指す。ほどよくスポーティな印象にコーデが仕上がるため、ドレススタイルのカジュアル化が如実にあらわれている昨今のトレンドにもピッタリとハマることうけあいだ。下の御仁は、トラウザーズの素材に似寄りのファブリックで仕立てられたダウンベストをジャケットの上に羽織ることで、統一感のある冬のジャケパンコーデを構築している。

ジャッカ・エ・ジレでメンズドレスコーデに洒脱なアクセントをプラス!

MooRER(ムーレー) カシミヤ ウール ダウンベスト

MooRER(ムーレー) カシミヤ ウール ダウンベスト

詳細・購入はこちら

キルトの小さいダウンベストなら、冬アウターコーデのインナー使いなんて手も!

ダウンベストと一口に言っても種類は様々。なかでも「キルト」の大きさは、見た目はもちろん用途にも関わる重要なデザインポイントだ。キルトが大きいデザインは保温性が高く登山や雪の日向け、キルトが小さいデザインはちょっとした防寒にピッタリなシティユース向け。ダウンベストを選ぶ際には、用途に合わせて「キルト」の大きさを意識してみると新しい発見があるかも。ちなみに、キルトが小さいデザインなら下の御仁のようなダウンのインナー使いも楽しめる。

キルトの小さいダウンベストなら、冬アウターコーデのインナー使いなんて手も!

POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフローレン) パッカブル ダウンベスト

POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフローレン) パッカブル ダウンベスト

詳細・購入はこちら

ダウンベストをオーバーサイズで取り入れてメンズコーデをモードな印象に仕上げる

オーバーサイズのアウターが人気を集めるなか、ダウンベストをオーバーサイズで洒脱に着こなした御仁をキャッチ。袖がないため肩がドロップせず、エフォートレスなシルエットのスーツと、コンバース×J.W.ANDERSONのオールスターの組み合わせも相まってモードな着こなしに。

ダウンベストをオーバーサイズで取り入れてメンズコーデをモードな印象に仕上げる

3/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ