春コーデ メンズ【2020最新メンズファッション】

Share

9ページ以降を表示しています。

元のページを表示

9ページ以降を表示しています。

目次を表示
スポンサーリンク

メンズコーデを春っぽくみせる着こなしのコツ5選

2020春のメンズコーデ、着こなしのコツ1「明るいトーンで”春らしい季節感”を演出するのがお約束」

春らしい季節感を演出するなら、明るいカラー・トーンのアイテムを取り入れるのがお約束だ。ライトベージュやライトグレー、ホワイトなどが春のメンズ定番色。ライトベージュのスプリングコート、ホワイトジーンズ、白tシャツ、白スニーカーなどブライトトーンのアイテムをコーデにプラスするのがポイントだ。30代のメンズが取り入れるなら、TOO MUCH感を与えないように1アイテムのみトーンを明るくするなど、控えめな面積で取り入れるのが吉。

▶︎着こなし事例
色味アイテムを取り入れて、春コーデならではの華やかさを演出したコーディネート。ブルーのニットとグラデーションになるように、インナーにはライトブルーのデニムシャツをレイヤード。ライトグレーのパンツでソフトにまとめながら、ソックスのチラ見せによってアクセントを取り入れるなど、さりげないアレンジテクニックを随所に取り入れたこの御仁には学ぶところが多い。

CRUCIANI(クルチアーニ) セーター

詳細・購入はこちら

おもむきのある“デニム”でニュアンスを演出するのもグッド!

インディゴの色が落ちたブルーのデニムでニュアンスを演出するのもイイ感じ。秋冬はついつい重厚なアウターに注目しがちだが、春夏ならパンツを主役としたコーディネートもつくりやすい。ブルーデニムはトーンも明るめなため、春っぽい季節感を取り入れる手段としても有力だ。

2020春のメンズコーデ、着こなしのコツ2「アンクル丈パンツ・ロールアップでコーディネートに抜け感をプラス!」

同じ素材感、シルエットのパンツもショート丈に設定することで春らしい軽さを加えることが可能だ。スラックスであれば、お直しで軽快な短丈に。ジーンズなら、ラフに裾をロールアップするのもオススメだ。ロールアップにも様々な種類が存在するためチェックしておきたい。

▶︎着こなし事例
特にここ最近人気再燃中のレッドウィングのアイリッシュセッターに代表されるワークブーツと相性の良いパンツを挙げるとすればジーンズは欠かせないだろう。なかでもストレートシルエットのジーンズは相性抜群。その組み合わせに一手間を加えてこなれ感を出したのがこちらの着こなしだ。丈が長過ぎるジーンズをそのまま履くとクッションができてしまい野暮ったい印象になってしまうが、ロールアップで丈感を調整すればスタイリッシュな表情に。特に、裾を絞るようにアップするピンロールはシューズを引き立てるのに最適なワザだ。

Levi’s(リーバイス) 501CT

詳細・購入はこちら

春らしい軽快感を演出するピンロールのやり方は下の動画でチェック↓

【関連記事】ロールアップ特集「基本 & 応用」

手持ちのボトムスを使って印象を変化させるのに有効な手段のひとつが「ロールアップ」...
10/21GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ