ニットタイ 結び方 & アイテム特集

春夏、秋冬それぞれに季節感を演出してくれるネクタイと言えばニットタイ。ジャケパンスタイルなどと組み合わせて洒脱な雰囲気を演出したい。今回はニットタイにフォーカスして結び方やアイテムを紹介!

スポンサーリンク

ニットタイとは?

通常のネクタイが平織りの布帛を使用して縫製されたものに対して、ニットタイは名前の通り編んだ生地で作られたネクタイ全般を指す。始まりは1920年代後半から1930年。リゾート地を中心に取り入れられはじめたと言われている。シルクを編んだものが一般的であり、中にはコットンやウール、化学繊維を使用してローコストで仕上げられたものも存在。先端にも特徴があり、ニットタイはスクエアエンドという四角形のデザインが一般的だ。

ニットタイは通常のネクタイと比べて形や風合いに差があり、カジュアルな印象を与えがち。引き締まったというよりもソフトな雰囲気を演出できるのが特徴だ。ハズしとしても活躍を期待できるため、昨今のトレンドでもあるカジュアルスーツスタイルにも相性◎。冠婚葬祭などのフォーマルな場面での使用はNGだが、ビジネスでの商談相手や職種によっては取り入れられるアイテムなので活用していきたい。

ニットタイの結び方は2種類

特に春夏用のザックリした質感のシルクのニットタイを通常のプレーンノットで結ぶと、生地の厚みが原因でノットが大きくなりすぎたり、小剣が短くなりすぎたりしがちだ。そんな問題を解決できる「オリエンタルノット」と「フォアインハンド」という2種類のスマートなニットタイの結び方が存在するため、動画を交えて紹介!

ニットタイ 結び方①オリエンタルノット「最も結目が小さい結び方」

ネクタイの結び目であるノットが、生地の厚みの影響によって大きくなり過ぎてしまうのはニットタイならでは。オリエンタルノットは最も結び目が小さくなる結び方であるため、ニットタイを使用する場合は是非おさえておきたい。

ニットタイの結び方 オリエンタルノット【ステップ1】

「ネクタイの小剣・大剣ともに裏側を表にして首にかける」

オリエンタルノットにおいて、最も重要なのがファーストステップ。ネクタイを結び始めるとき、通常は表側が外に見えるようにネクタイをセットするが、オリエンタルノットの場合は裏側が外に見えるようにセットしている。

オリエンタルノット1

ニットタイの結び方 オリエンタルノット【ステップ2】「小剣を大剣に重ねる」

プレーンノットとは逆に小剣を大剣の上に重ねる。

オリエンタルノット2

ニットタイの結び方 オリエンタルノット【ステップ3】「下側にある大剣を小剣にかぶせるようにして折り重ねる」

ここでループになる部分に指を入れておくと、のちのち大剣を通しやすくなる。

オリエンタルノット3

ニットタイの結び方 オリエンタルノット【ステップ4】「大剣を下から喉元に通す」

小剣が裏返ったりねじれたりしないように固定しておくのがポイント。

オリエンタルノット4

ニットタイの結び方 オリエンタルノット【ステップ5】「大剣を結び目になる部分に通す」

大剣が表になった状態でループに通す。小剣側は裏返ったままでOK。

オリエンタルノット5

ニットタイを結ぶ際にも重宝するが、身長が高い方や手持ちのネクタイが短めの方にもおすすめの結び方だ。また、タイバーを使う場合にもノットが持ち上がりやすく相性が良いとされている。逆に、結目が小さいためホリゾンタルカラー、カッタウェイのようなエリが開き気味のワイシャツにはバランス的に合わせにくい。

ニットタイ 結び方②フォアインハンド「オリエンタルノットに次いでノットが小さい結び方」

第二の方法が、フォアインハンドノット(four in hand)。日本ではプレーンノットと呼ばれる結び方で、多くの人が取り入れている結び方ではないだろうか。オリエンタルノットに次いで結目が小さくまとまるモダンなタイノットのひとつ。おさらいも兼ねて結び方の動画を紹介!

薄手のニットタイや長めのニットタイに使える方法だが、ノットが大きくなりがちなのでタイトに締め上げるのがポイント。ちなみに、ニットタイをキツく締め上げる時に出る音に由来して、フランスではニットタイを”絹の悲鳴”と呼ぶこともあるそう。

ニットタイのアイテム紹介!

ネクタイ専門ブランドからセレクトショップオリジナルまで幅広く注目のニットタイをピックアップ!

Drakes(ドレイクス) ジャーマン・ニットタイ グリーン

1977年にマイケル・ドレイク氏によって設立されたファクトリーブランド「Drakes(ドレイクス)」。アクアスキュータムのアクセサリー・コレクションのデザイナーとして活躍した経験を活かし、ハイクオリティーなウール、シルク、カシミア素材のマフラーなどの小物を生産している。昔ながらの伝統を守りながらも、顧客の視点や流行にも注目した広い視点を持ってアイテム展開を行うことで、若年層の人気も集めているブランドだ。シルク製のジャーマンニットを使用したニットタイは、シルクの光沢とニットのソフトな風合いを存分に楽しめる。

詳細・購入はこちら

BREUER(ブリューワー) ソリッド ネクタイ

1892年に、オーストラリアの首都ウィーンでネクタイからスタートしたブランド「BREUER(ブリューワー)」。現在は、ハイエンドなメンズウエアブランドとして成長している。2008年の北京オリンピックでは、フランス代表のユニフォームも手がけた歴史も持つ実力派ブランドだ。ニットタイは、シルクにリネンをミックスすることで、光沢の中に独特のシャリ感をプラス。

詳細・購入はこちら

Drumohr(ドルモア) ウール100%ニットタイ

1773年、スコットランドのダムフリースという街で設立された世界最古のニットブランド「Drumohr(ドルモア)」。ニットを得意とするブランドが展開するニットタイは見逃せない。ブランドが得意とするウール100%の繊維で編み上げられたニットは、上質な風合いはもちろん、耐久性も高いため長年活躍を期待できる。

詳細・購入はこちら

MEROLA(メローラ) ニットタイ

1870年ナポリにて創業された、クラシコイタリアの老舗ネクタイブランド「Merola(メローラ)」。一切の妥協を許さず、最良品質のネクタイを作り続けているブランドとして人気を集めている。映画「ローマの休日」を始め、ハリウッド映画でも度々使用され、各国の有名政治家やエグゼクティブにも愛用者多数。日本では、服飾評論家で有名な落合正勝氏が絶賛している事でも有名なブランドだ。コットン100%の繊維で生産されたニットタイは、春夏に適した清涼感を演出してくれる。

詳細・購入はこちら

LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ) シルクニットソリッドネクタイ

1957年に、イタリアのナポリで設けられたブランド「LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)」。創立者ルイジボレッリ氏の母親であったアンナが、シャツを仕立てる仕事をしていたことがきっかけで誕生したブランドだ。シルクのニットタイを得意の手縫いとアイロンワークを駆使してふんわりとした表情に仕上げたニットタイ。

詳細・購入はこちら

Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア) ニットタイ

イタリアで最も有名なファミリー企業の創立者であるエルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo ZEGNA)。世界で最も上質といわれるテキスタイルは最高の天然繊維を原産地から直接選び、買いつけ、仕上げまで生産の全工程を自社工場によって行うブランドだ。ネクタイは、クチュールコレクションと言われるシリーズが人気を集めており、すべて職人の手によって生産されている。

詳細・購入はこちら

TOM FORD(トムフォード) ニットタイ

アメリカ合衆国・テキサス州オースティンに生まれ、ファッションデザイナーと映画監督を務めるトム・フォード氏が自身の名を冠にして立ち上げたブランド。ヘービーオンスのニットを採用して生産された重厚感のあるニットタイ。男性の首元に清涼感を与えながらも、ダンディな雰囲気をキープしてくれる。

詳細・購入はこちら

STEFANO RICCI(ステファノリッチ) ニットタイ

クラシコイタリア協会の初代会長を務めたステファノ・リッチ氏によって、1972年にフィレンツェで創業されたプレステージブランド「STEFANO RICCI(ステファノリッチ)」。ネクタイの姿をした芸術品と称されるなど、愛用する各国著名人も多数。独特の高級な素材感が人気を集めている。

詳細・購入はこちら

Gabriele Pasini(ガブリエレパシーニ)  ニットタイ

“モデナの怪人”との異名をもつガブリエレ・パジーニ氏とラルディーニがジョイントベンチャーという形で、ナポリの伝統的サルトリアーレの技術に英国の風合いを取り込んだ革新的なコレクション。英国らしい派手な柄使いが目を引くニットタイ。ボーダーの白抜き部分にもネイビーを混ぜることで、通常のボーダーよりも落ち着きのある雰囲気に。

詳細・購入はこちら

PRINGLE 1815(プリングル 1815)  ボーダー ニットタイ

1815年創業で約200年の歴史を持つ英国老舗名門ブランドPRINGLE OF SCOTLANDのブランドアイデンティティを継承しつつ、よりコンテンポラリーなアイテムを揃えたブランド「PRINGLE 1815(プリングル 1815)」。オーソドックスなバスクシャツに由来したボーダーのピッチがデザインポイントのニットタイ。ボーダーの色味に合わせて生地の表情を変化させることで、よりボリューミーなVゾーンを演出。

詳細・購入はこちら

Eredi(エレディ・キャリーニ) ネクタイ

イタリア フィレンツェで100年以上もの歴史を持つブランド「Eredhi Chiarini(エレディキャリーニ)」。ネクタイから活動を始めているが、現在は店舗も構え、ネクタイだけでなくトータルアパレル専門店として、世界中から注目されている老舗ブランドだ。元々、生地の卸問屋であったことからも様々な生地使いによるネクタイの企画、提案が特徴的。

詳細・購入はこちら

hikaru noguchi(ヒカルノグチ) DOUBLE FACE TIE

イギリスを拠点とするニットウェアと小物のブランド「Hikaru Noguchi(ヒカルノグチ)」。デザイナーの野口 光 氏は1989年武蔵野美術大学、視覚伝達デザイン科卒業後、北ロンドンにあるミドルセクス大学のテキスタイル科に留学。卒業制作で作った一連のフェルト化させた編み地を張ったアームチェア、スツールやクッションが、インテリア紙の”ワールド オブ インテリア”のベストワークに選ばれ、またイギリスを代表する家具デザイナーのトム デクソン氏と共作するなど、ニット地のインテリア小物ブームのさきがけとなるキャリアを持つ。 また2002年にはパリコレにも参加するなど、世界から注目を集めるブランドにまで成長を遂げている。二面の表情を持つニットタイが、Vゾーンにアクセントをプラス。

詳細・購入はこちら

nano・universe(ナノ・ユニバース) ニットタイ

日本にて活動を続けるセレクトショップ「nano・universe(ナノ・ユニバース)」から、オリジナルで生産されたニットタイをピックアップ。ジャケットスタイルはもちろん、カジュアルスタイルにも合わせやすいニットタイをテーマに、ざっくりとした風合いに仕上げられている。素材にはシルクを採用。

詳細・購入はこちら

FAIRFAX(フェアファクス) ニットタイ

東京モダントラディショナルをコンセプトにアイテムを生産するブランド「FAIRFAX(フェアファクス)」。ネクタイの生産を得意とするイタリアにて、ハンドメイドで仕上げられたニットタイ。素材にはシルクを採用しつつも、比較的リーズナブルな値段で手に入るのが魅力的。

詳細・購入はこちら

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ) UABC ECSP ニットタイ

日本を代表するセレクトショプ「UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)」。コシのあるシルク生地を採用しており、ソフトな雰囲気ながらしっかりとしたディンプルを作ることができる。織り柄でボーダーを表現することで、シンプルながらもアクセントのあるデザインに仕上がっている。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US