banner

メンズ春コーデ×Oh My Glasses TOKYO

いまやメガネはファッションスタイルの一部だ。スポーティーな着こなしに知的な印象をプラスしたり、ドレッシーな装いをシックにまとめるなど、メガネの身につけ方によってスタイリングの印象を大きく変化させることも可能だ。今回は、この春旬なメンズファッションスタイルを日本の鯖江で製造されているメガネブランドOh My Glasses TOKYOの人気モデルと共に紹介!

パーカブルゾンスタイル×Oh My Glasses TOKYO「ルーカス」

イタリアはもとより日本でも人気沸騰中のストーンアイランドのパーカブルゾンにネイビーニットをレイヤードすることでスポーティーな中にもシックな印象をプラスした装い。あらゆる顔型やファッションスタイルにフィットしやすいボストンフレームの眼鏡「ルーカス」をチョイス。

眼鏡のアップ写真を見る

ストーンアイランドのナイロンメタル製インディゴフードジャケットコート8万9000円(トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567)スローンの紺ニット2万5000円(スローン 03-3448-0207)ヘインズの白カットソー2500円(ヘインズブランズ ジャパン 03-5361-2823

Oh My Glasses TOKYO 「ルーカス」 omg-070-4-48

ボリュームと艶のボストンフレーム。飽きのこないシンプルなブリッチでクラシック感と高級感を演出したボストン型フレームの眼鏡。セルロイドならではの光沢を活かすため、テンプルをボリュームのある丸みを帯びた形状にデザインした人気作。この光沢を出すために職人の技と手間暇がかけられている。

詳細・購入はこちら

ライダーススタイル×Oh My Glasses TOKYO「マシュー」

秋口から春先にわって活用シーンの多いアイテムといえば、ダブルライダース。着こなしにラギッドな印象を加えるのに重宝するアイテムだ。インナーにベーシックデザインのスウェットパーカーを合わせてスポーツテイストをまといつつ、ボトムにはクリーンなホワイトデニムをあわせて都会的なコーディネートが完成。シンプルな着こなしに、アンティーク調のカラーリングをまとったラウンドフレームの眼鏡「マシュー」を合わせることで、さりげなく洒脱な印象を演出。

眼鏡のアップ写真を見る

マーシャーのライダースジャケット10万円(エストネーション 03-5159-7800)チャンピオンのグレーパーカ1万6000円(ヘインズブランズ ジャパン 03-5361-2860)シヴィリアのホワイトデニムパンツ2万6000円(ビームスF 新宿 03-5368-7305

Oh My Glasses TOKYO マシュー omg-026-5

色の組み合わせを楽しむ、ラウンドフレームの眼鏡。フロントとテンプルの、色の組み合わせが楽しいラウンド型フレーム。アンティークな色調とブリッジの細かな彫刻が特徴だ。

詳細・購入はこちら

スプリングコートスタイル×Oh My Glasses TOKYO「フィリップ」

活用期間は短いものの”春らしさ”を強烈に印象つけてくれる、オフホワイトカラーのスプリングコート。ステンカラー仕様を選べば、インナーにデニムジャケットを合わせたカジュアルダウンスタイルにもすんなりと馴染む。ボトムにはトレンドのプリーツパンツをあわせてドレスミックス。トレンドのコンビフレームモデルの眼鏡「フィリップ」がこなれたスタイリングにベストマッチ。

眼鏡のアップ写真を見る

ヘルノのステンカラーコート8万1000円(シップス 銀座店 03-3564-5547)センスオブプレイスのGジャン6900円(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 03-6433-5548)アンルートのホワイトカットソー5000円(アンルート 二子玉川 03-57973184)ジェルマーノのフレスコグレーパンツ2万9000円(ビームスF 新宿 03-5368-7305)トフ & ロードストーンのトートバック4万8000円(シップス 銀座店 03-3564-5547

Oh My Glasses TOKYO フィリップ omg-054 5-48

バランスのよいコンビネーションフレームの眼鏡。細かい柄を施したヴィンテージ感のあるチタンテンプルが特徴のウエリントン型フレーム。細いテンプルは掛けごこちも、印象も軽やか。このフレームをつくるにもメタルフレームづくりに熟達した職人の手が必要となる。

詳細・購入はこちら

ジャージージャケットスタイル×Oh My Glasses TOKYO「ヘンリー」

ジャージー素材のテーラードジャケットでメンズファッション界に旋風を巻き起こすチルコロのインディゴジャージージャケットを主軸にドローコード付属のジャージーパンツをあわせたエフォートレスな装い。男の目ヂカラをアップさせるブロータイプの眼鏡「ヘンリー」をチョイスして、カジュアルな中にもほどよくスパイスを効かせた装いが印象的だ。

眼鏡のアップ写真を見る

チルコロ1901のインディゴジャージージャケット5万5000円(ビームスF 新宿 03-5368-7305)ヘインズの白カットソー2500円(ヘインズブランズ ジャパン 03-5361-2823)ソリードのグレーカノコジャージーパンツ2万6000円(ビームスF 新宿 03-5368-7305

Oh My Glasses TOKYO ヘンリー omg-041-7

知的で誠実なウェリントンフレームの眼鏡。眉毛のようなフレームがキリリと目ヂカラをアップし、顔立ちを引き立てるブロータイプ。知的で誠実な印象を与えてくれるフレーム。フレームに刻まれた細かい文様が綺麗に出ていることが日本製の証だ。

詳細・購入はこちら

ニットジャケットスタイル×Oh My Glasses TOKYO「セシル」

イタリアきっての人気ブランドラルディーニのダブルニットジャケットを鮮やかなブルーの発色が特徴のチノパンを合わせたグラデーションスタイル。メッシュベルトの垂らし巻きで抜け感を取り入れている点にも注目だ。エフォートレスなスタイリングに、あえてクラシックなメタルボストンモデルの眼鏡「セシル」を合わせることで上品な雰囲気に。

眼鏡のアップ写真を見る

ラルディーニの紺ニットジャケット6万円(シップス 銀座店 03-3564-5547)ヘインズのカットソー2500円(ヘインズブランズ ジャパン 03-5361-2823)シープラスのブルーチノパンツ2万3000円、デュバレーの紺メッシュベルト1万円(共にビームスF 新宿 03-5368-7305

Oh My Glasses TOKYO セシル omg-064 2-47

クラッシックのトレンド、メタルボストンの眼鏡。アレルギーフリーのチタン製オールメタルテンプルに、ニッケルレスのメッキを施した肌に優しい素材の組み合わせが特徴である。

詳細・購入はこちら

コットンスーツスタイル×Oh My Glasses TOKYO「ダスティン」

春夏注目のコットンスーツの中でも、カーキ系カラーは今季の注目株だ。インナーにはカットソーを合わせてドレスダウンさせるのがトレンド。オリーブグリーンカラーのコットンツイルファブリックに、レトロなラウンド型人気モデルの眼鏡「ダスティン」のべっ甲カラーがすんなりと馴染む。

眼鏡のアップ写真を見る

ラルディーニのコットンツイルオリーブスーツ11万9000円、スリードッツの白カットソー1万5000円(共にビームスF 新宿 03-5368-7305)時計はスタイリスト私物

Oh My Glasses TOKYO ダスティン omg-062 4-44

レトロかわいい、ラウンドフレームの眼鏡。シンプルなブリッジ、細かな彫刻を施したテンプル、アンティーク調な色目が特長のコンビネーションフレームの眼鏡。テンプルにβチタンを使うことでかけ心地の良さを実現。

詳細・購入はこちら

ジャケパンスタイル×Oh My Glasses TOKYO「ケヴィン」

見た目にも実用にも清涼感漂うリネン混のテーラードジャケット。オフスタイルにはもちろんのこと、タイドアップすればビジネス使いも可能なヘビーローテーション間違いなしのジャケットを主軸に、コットンリネンのデニムシャツをタイドアップで合わせたクリエイティブな印象漂う着こなし。ドレッシーなジャケパンスタイルにはシックなウェリントンフレームの眼鏡「ケヴィン」をセレクト。

眼鏡のアップ写真を見る

ブリッラ ペル イル グストのリネン混ジャケット8万5000円、ジャンネットのコットンリネンデニムシャツ2万7000円、フランチェスコ マリーノの紺タイ1万6000円(以上ビームスF 新宿 03-5368-7305)セラードアの紺パンツ2万3000円、トフ & ロードストーンのブリーフケース4万5000円(共にシップス 銀座店 03-3564-5547)フェアファクスの白リネンチーフ4000円(フェアファクスコレクティブ 03-3497-1281)ゼニスの時計92万5000円(LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン ゼニス 03-5524-6420

Oh My Glasses TOKYO ケヴィン omg-050 1-50

オンでもオフでも正統派のウェリントンフレームの眼鏡。熟練された職人でなければ取扱いの難しい、「セルロイド」を使用しており、プレミアム素材ならではの美しい光沢、艶が感じられるこだわりのある逸品だ。

詳細・購入はこちら

グレースーツサスペンダースタイル×Oh My Glasses TOKYO「サイモン」

ベーシックなグレースーツに高感度なビジネスパーソン御用達のサスペンダーを合わせた着こなし。グレータイを合わせてソリッドなスタイリングに。高い位置にタイバーを斜め付けするなど、ちょっとしたハズしがこなれ感の源泉に。クラシックな印象をキープしながらも優しげで親しみやすい印象を加えてくれそうな「サイモン」をチョイス。

眼鏡のアップ写真を見る

タリアトーレのグレースーツ10万5000円(シップス 銀座店 03-3564-5547)ジャンネットの白タブカラーシャツ2万3000円(トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567)ステファノビジのグレータイ1万4800円(シップス 銀座店 03-3564-5547)アルバート サーストンのブレイシーズ1万2000円(ビームスF 新宿 03-5368-7305)フェアファクスのタイバー9000円、白リネンチーフ4000円(共にフェアファクスコレクティブ 03-3497-1281)ゼニスの時計220万円(LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン ゼニス 03-5524-6420

Oh My Glasses TOKYO サイモン omg-056 GPD-50

極細メタル、ラウンドフレーム。親しみやすい印象のラウンドタイプの眼鏡。細身なシルエットは、クラシカルな雰囲気を感じさせる、主張し過ぎないフレーム。

詳細・購入はこちら

鯖江の眼鏡がもらえる!あなたの自慢の「MADE IN JAPAN」写真投稿キャンペーン

自慢の日本製アイテムを、Instagram、facebook、twitterで投稿して頂いた方の中から抽選でプレゼントが当たるキャンペーン。(#日本生まれのいい製品 #ohmyglassestokyo というハッシュタグをつけてください。)
期間:2017年3月9日(木)~4月24日(月)
【メイドインジャパン賞】世界でひとつ、オリジナル鯖江産メガネ 1名さま
【オーマイグラス東京賞】「Oh My Glasses TOKYO」または「TYPE」からお好きなオリジナルブランドメガネ2名さま

この記事を気に入ったら
いいね!してね

今読んだ記事

メンズ春コーデ×Oh My Glasses TOKYO

Share

Related post