冬コーデを旬に格上げする3の手段とメンズスタイルの幅を広げる15のテクとは?【2020最新】

Share

8ページ以降を表示しています。

元のページを表示

8ページ以降を表示しています。

目次を表示
スポンサーリンク

メンズ冬コーデをアップデートするテクニック【⑥〜⑩】

メンズ冬コーデテク⑥「アウターのインナーにダウンをセットして、洒脱なレイヤードを冬コーデで表現」

通常よりも薄く軽い仕様を採用したインナーとしても着込めるダウンジャケットで、オシャレな冬のレイヤードコーデに。重厚感のあるロングコートのインナーに取り入れれば、ほどよくスポーティなエッセンスが加わりメリハリのある男の着こなしを表現可能だ。襟やVゾーンの形状によっても与える印象は変化するため、自分の好みのデザインをチョイスして冬コーデならではのレイヤードを楽しみたい。

おすすめインナーダウン①「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) ウインドストッパーゼファーシェルカーディガン」

光電子ダウンが採用されたインナーダウン。胸ポケットに採用されたフラップ付きポケットがさりげないアクセント。ロゴデザインも目立たせないミニマルなデザインが魅力的。

詳細・購入はこちら

おすすめインナーダウン②「HERNO(ヘルノ) エコダウンジレ

メンズレインコートを起源に持つイタリアブランド「HERNO(ヘルノ)」から、前身頃のみにポリエステル綿を入れることで、着膨れを防いだスマートなインナーダウンジレをピックアップ。フロントの裾のカッティングも直線的でないデザインのため、テーラードジャケットなどのインナー使いにも違和感なくフィットする。インナーダウンベストながら、ウエストポケットはもちろん、胸ポケットも施されている収納力の高さも魅力的。

詳細・購入はこちら

おすすめインナーダウン③「TAION(タイオン) インナーダウン」

価値のある価格の追求にフォーカスを当て、高機能・着心地にこだわったインナーダウンウェアを展開するブランドが「TAION(タイオン)」だ。ブランド名の由来は、名前の通り「体温」からきている。素材には、高密度の撥水加工が施されている良質なダウンを使用。雨や高湿度の環境下の使用でも羽毛の縮みを最小限に抑えてくれる。表地のナイロン素材も超撥水高密度のものを採用しており、撥水はもちろん汚れもつきにくい特徴を持つ。

詳細・購入はこちら

【関連記事】インナーダウン特集

アウトドアブランドを台頭に、アウター専業メゾンブランドからファストファッションブ...
9/15GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ