男がおさえるべきスキンケアの基本。男性こそ手厚い肌ケアを!

メンズスキンケア

肌のコンディションは日々の生活習慣や体調のバロメーター。清潔感があり、肌キメの整った精悍な肌つきは自己管理能力の高さを感じさせるもの。近年、エグゼクティブから若手ビジネスマンまでプロフェッショナルを志向するビジネスマンを中心に自身の価値を高める身だしなみとしてスキンケアに対する関心が高まる傾向にあります。

スポンサーリンク

男の肌にこそスキンケアが必要な理由

実は男性の肌の水分量は女性の肌より30~40%ほど少ないと言われています。また毎日シェービングによって男性の肌は日々刺激にさらされています。

shutterstock_146566541-1

実は女性よりも男性の方が肌がデリケートなのです。さらに化粧をする習慣もないので肌にとって最大の驚異である紫外線に対して無防備になりがち。女性以上に男性にこそスキンケアへの注力が必要です。
まずは、肌のメカニズムを知り、正しいケアの手順とやり方を知ることが重要。今回は、男女の肌の違いをふまえた上で、スキンケアのポイントを紹介していきます。

肌の役割とメカニズムを知る

雑菌や汚れ、紫外線から身を守ることが肌の役割です。肌の一番上にある角質層には、ウロコ状の細胞がタイルのように敷きつめられており、外的刺激を遮断します。また、皮膚の表面には皮膚常用菌と呼ばれる菌が住んでおり、肌の表面を弱酸性に変えることでアルカリ性である雑菌やウィルスから肌を守ります。%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-08-1-44-48dc-masuda

これらの働きによって、ウイルスによる感染や病気の予防、そして紫外線による細胞のDNAダメージを回避しているのです。この肌のバリア機能ですが、うまく働かせるためには日頃のメンテナンスが必要になってきます。そのメンテナンこそがスキンケアなのです。

スキンケアの基本手順

1.洗顔料で肌の汚れを落とす

スキンケアの基本は何と言っても洗顔。洗顔の目的は余分な皮脂や角質などの汚れを取り除くことはもちろん、化粧水や乳液などをなじみやすくすることにあります。

shutterstock_287654864-1

男性は女性よりも皮脂が多いのでできる限り朝と晩の2回洗顔するようにします。(乾燥肌の方は1日1回で十分です。)洗顔におけるポイントは下記の3つです。

洗顔のコツ1「ぬるま湯で毛穴を開いておく」

実は、ぬるま湯洗顔だけで顔の汚れくらいであれば大抵は落ちしてしまいます。また、ぬるま湯でプレ洗顔をしておくことで、毛穴が開き毛穴の奥まで洗顔フォームが届くようになります。その際、温度は熱すぎないようにしましょう。シャワーをした際にいきなり熱いお湯を顔にかけてしまいがちですが、必要な皮脂まで落としてしまうので肌が乾燥してしまいます。

2f2b5f5726f82f8598f772f905c40562

洗顔のコツ2「洗顔フォームをで弾力性が出るまで泡立てる」

洗顔フォームを泡立てる目的は、肌に負担をかけずに汚れを落とすことにあります。泡が手と肌の間でクッションの機能を果たし、汚れを洗い流してくれます。

shutterstock_401312179

ただ、洗顔フォームを泡立てると言ってもこれが慣れるまではなかなかうまくいかないものです。泡立てのコツは下記の通りです。

①適量の洗顔フォームを出して、手のひら全体に広げる
②1円玉サイズにお湯を手のひらに広げ、泡をやさしく広げる
③お湯を2~3適たらして一円玉サイズの水玉を作ります。そのお湯をやさしく手のひら全体に広げて洗顔フォームとなじませます。

これを2~3回繰り返すと、だんだん表面が泡立ってきます。

どうしても難しいという方は泡立てネットを使う方法も有効です。

泡立てネット

詳細・購入はこちら

泡立て効果抜群のファイバーネットで弾力のある濃密泡が作れれます。また、泡のきめが細かいのでシェービングフォームとしても使えます。

洗顔のコツ3「掌の肌でよく泡立てた洗顔料の泡を肌の上で転がすようにして2度洗う」

1度目は肌の表面を洗い、2度目は毛穴の奥を洗います。その際、手で肌を強くこすらないようにしてください。

shutterstock_343650392 (1)

洗顔のコツ4「自分の肌質に合った洗顔フォームを選ぶ」

乾燥肌、脂性肌、混合肌など、自分の肌質に合った洗顔フォームを選ぶようにします。脂性肌の人は石鹸タイプ、乾燥肌や混合肌の人は弱酸性のフォームタイプがオススメです。乾燥肌や敏感肌の男性で男性用の洗顔フォームが肌に合わない人と感じた人は女性用の商品を検討するのもありです。

資生堂 メン クレンジングフォーム 130g 洗顔フォーム

資生堂が男性特有の皮膚生理の研究を通じて開発されたスキンケアブランド。きめの細かい泡立ちが特徴で、シェービングフォームとしても使えます。

31SNR12SFsL

詳細・購入はこちら

資生堂 シセイドウ メン ディープクレンジングスクラブ 125g

頑固な毛穴の奥の黒ずみやくすみの原因となる角質を取り除く洗顔スクラブです。皮脂を吸着する顆粒のトリプルクレンジング効果がしっかりと男性の肌に不要なものを除去し、洗い上がりもかなりさっぱりするのが特徴です。

31bHwseeQjL

詳細・購入はこちら

リサージ メン フォーミングソープ

“リサージ”で培った長年のコラーゲン研究に原点を持つカネボウのメンズスキンケアブランド「リサージ メン」。シェービングや紫外線で乾燥しがちな男性の肌に必要なコラーゲンケアをコンセプトにしたブランドです。こちらの製品もシェービングフォームとしても使用できます。

slide7_img2

詳細・購入はこちら

バクスター オブ カリフォルニア フェイスウォッシュ 300ml

カリフォルニアで「メンズグルーミングの父」バクスター・フィンリーが設立したメンズグルーミングブランド。往年のハリウッドスターに愛されてきましたことで知られ、ポマードも人気。

スクリーンショット 2016-09-07 18.00.20

詳細・購入はこちら

CLINIQUE FOR MEN フェースウォッシュ

クリニークは皮膚科学的ノウハウとシンプルさを両立させた男の肌のためのスキンケアブランド。リキッドタイプの洗顔ソープなので肌に必要な潤いを保ったまま汗や皮脂の汚れを落とせます。乾燥肌から混合肌の方まで使用して頂けます。

41pv-Rr2SeL

詳細・購入はこちら

2.化粧水で水分の補給と弱酸性の肌に戻す

洗顔後の肌は最も乾燥しやすく、洗浄フォームの影響でアルカリ性になっています。肌に害のある雑菌の多くはアルカリ性のため、洗顔後は菌に対して無防備な状態と言えます。化粧水はそんな肌に水分を補い、アルカリ性の肌を弱酸性に戻す役割があります。

shutterstock_287165738

最悪、時間などがない場合は化粧水をつけるだけでもだいぶ違います。保湿を怠ると肌がカサつくことはもちろん、逆に乾燥をカバーしようとして皮脂が過剰に分泌されることがあり、ニキビの原因にもなります。

化粧水のコツ1「洗顔後の水分が蒸発する前に化粧水をつける」

洗顔後は最も肌が乾燥しやすいタイミングです。水分が蒸発する前に化粧水ですぐに保湿してください。

化粧水のコツ2「手のひらに肌が吸い付くほどのしっとり感が出るまでなじませる」

手順としては、化粧水を手のひらに100円玉大の大きさに取り出し、手のひら全体に軽く伸ばして顔全体に抑えこむようにしてなじませます。その際、手のひらで音が出ないくらいに軽く肌をはたきます。手のひらを肌に当てて吸い付くくらいになじんだら終了です。

shutterstock_254253166

資生堂 メン MEN ハイドレーティング ローション 150mL

過剰な皮脂による肌ダメージを防ぎながら、たっぷりと水分を補給し、 みずみずしくマイルドに整えるローションです。 乾燥や湿度変化などの外的ストレスから肌を守り、肌あれも防ぎます。べたつきや乾燥を招かない水分バランスを保ち、快適な肌へ導きます。さっぱりとした感触です。

31gGF1BM5RL

詳細・購入はこちら

クリニーク フォー メン オイル コントロール エクスフォリエーティング トニック 200ml

古い角質や毛穴の汚れを取り除ける化粧水。乾燥~混合肌の方向け。

clq_65EM01_402x464

詳細・購入はこちら

LISSAGE リサージ スキンメインテナイザー 180mL D2

佐藤可士和氏が一貫してプロデュースした男性のライフスタイルを徹底的に研究して開発されたブランド「LISSAGE リサージ」の化粧水。ジェル状になっており、これは男性がコットンを使用する習慣がなく、手からこぼれないようにするため。また、化粧水自体に保湿成分が入っているのため乳液が不要です。まさに現代の忙しい男性のための商品です。

slide7_img1

詳細・購入はこちら

3.水分蒸発の防止と油分を補給する

乳液は、先に使った化粧水の水分をキープする役割があります。化粧水には油分が少ないため、適度な油分が含まれた乳液を使用することで、肌のうるおいを維持することができるのです。男性の肌は皮脂の分泌量が多く水分が少ないため、きちんと乳液を使って化粧水で与えた水分をキープさせましょう。

shutterstock_146566631

乳液を選ぶ際には、使っている化粧水には含まれていない、肌にプラスとなる成分があるものをチョイスしていきましょう。オススメの成分としては、肌のバリア機能を担う「セラミド」が配合されてあるものです。乳液のポイントは下記の通りです。

POINT1 手のひらに、10円大の乳液を取る

多くつけすぎるとテカリの原因になるので注意です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-08-1-55-52

POINT2「両手で乳液をこすり合わせ、人肌温度になるまでなじませる」

まずは、乾燥しやすい部分(ほお、目元、口元)や乾燥が気になる部分に付ける(皮脂の分泌が多い人はこの段階まででOK)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-08-2-04-05

 

POINT3 全体に伸ばしていき、顔を両手で包み込むようにして乳液を馴染ませる

全体に優しく馴染ませた後は、手のひらで優しく顔を覆う”ハンドプレス”をしましょう。力を入れる必要はなく、手の平の熱で乳液を馴染ませるもので、乳液の馴染みが格段にUPします。時間が経っても肌がテカっている場合は乳液のつけすぎです。その場合は、ティッシュを1枚とって顔にのせ、その上からハンドプレスを行う事で、余分な乳液を取り除けます。

資生堂メン モイスチャーライジングエマルジョン100ml

豊富なうるおいをすばやく補い、肌をおだやかに整える乳液状の保湿液です。ダメージディフェンスコンプレックス(保湿成分)配合*で、乾燥や湿度変化などから肌を守り、カサつきや肌あれを防止。感触はさらっとしながら、うるおいを長時間逃がしません。

216TIouWl3L

詳細・購入はこちら

CLINIQUE FOR MEN クリニーク フォー メン アンチ エイジ モイスチャライザー 100ml
ダメージディフェンスコンプレックス(保湿成分)配合*で、乾燥や湿度変化などから肌を守り、カサつきや肌あれを防止。感触はさらっとしながら、うるおいを長時間逃がしません。
41VW+tLAKYL

詳細・購入はこちら

FOLLOW US