シャツを洒脱に着こなす10のアレンジ方法

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示

2ページ以降を表示しています。

目次を表示
スポンサーリンク

シャツの着こなしアレンジ②「あえて腕をまくらない着こなしによって品のあるシャツコーデにまとめるのもアリ」

シャツの袖をあえてさばかないことで、品のある着こなしに仕上げるという選択肢。ビジネススタイルへの取り入れはもちろん、品格のある着こなしを表現したいという場合にも有力だ。

袖まくり無しなら、肌の露出面積が少なくなるためダラシない印象を与えづらい

袖まくり無しなら、肌の露出面積が少なくなるため着こなしが上品に仕上がりやすい。襟が立体的なドレスシャツの着こなしで取り入れれば、シャツ一枚でもダラシない印象を与える心配は皆無だ。

カフボタンをハズして、さりげない抜け感を演出

袖まくり以外でさりげなく抜け感を演出したい場合には、カフのボタンをハズすという小技を実践してみてはいかがだろうか。袖口周辺にスキが生まれるため、ほどよくリラックス感のあるムードを演出可能だ。

袖口からウォッチをチラ見せしてリッチなアクセントをプラス

カフからさりげなく上質なウォッチをチラ見せすることによって、リッチなアクセントを演出した着こなし。袖をまくらないからこそ可能なテクニックのひとつだ。盤の主張が強い時計でも、袖のカバーが入るためこれみよがしな印象を与えづらい。

3/10GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ