banner

パナソニックがセルフボディグルーミングの魅力を伝えるイベントを開催

近年の男性の美容意識の高まりに伴い、ヒゲ以外にも眉や体毛はもちろん、アンダーヘアを手入れする男性が急増、メンズグルーミング市場は盛り上りを見せている。そんな市場的な背景を受けてパナソニックからも世の男性に全身セルフグルーミング習慣を提案する「Panasonic Men’s Grooming」が始動し、腕や手足はもちろん、デリケートゾーンまでを手軽にケアできるボディトリマーが発売されたことは以前お伝えした通り。そんな同ブランドのボディトリマーやラムダッシュの体験を通じ、セルフボディグルーミングの魅力を伝えるイベントが、明治神宮前で7月1日(土)~2日(日)に開催された。

スポンサーリンク

現在入荷待ちが続くほど大人気のボディトリマー

5月に発売以来、現在入荷待ちが続くほどの人気だというボディトリマー(ER-GK60)。もともとはデリケートなビキニゾーンを安心かつ手軽にケアすることを想定し開発された商品だが、これ一本で手足や胸などもついでに処理できてしまうという優れものに仕上がっている。また、刃を外さずに水洗いできるのもメリットだ。

当日は男性用シェーバー市場において7年連続でシェアNo.1*を誇るお風呂剃りができるカミソリシェーバー「ラムダッシュ(ES-ST8P)」も体験することができた。波型に「スムースローラー」を採用しているので泡が残りやすく、肌に優しい剃り心地を実現。また「密着スイングヘッド」が剃りにくいアゴ下やのど部分に密着するのも特徴だ。
*2010年〜2016年(1-12月)「男性用シェーバー」メーカー別販売数量・金額シェア(全国有力家電量販店の販売実績を集計/GfK Japan調べ)

男性スタッフに導かれ編集部スタッフも体験してみた

取材中、男性スタッフの方に勧められ編集部スタッフも体験してみた。男性スタッフの方はボディトリマーを実際に使って全身のボディグルーミングをしているという。安全かつ手軽ならがも、ここまで綺麗に仕上がる。部位によって長さを調整できるアタッチメントを変えているとのこと。

上記のスタッフの方のようにすべすべ仕上げはもちろん、付属のアタッチメントを使い分けることによって長さを整えることも可能だ。編集部スタッフも試してみた。画像向かって左側の足が使用前で右側の足が使用後だ(下左画像)。長さを短く整えることで毛が薄く見える効果が生まれているのがお分り頂けると思う。

イベントは大盛況!体験をきっかけにボディーグルーミングに興味を持ったという声が多数

当日の午前中は雨に見舞われ天候的には恵まれたとは言い難い日程であったが、イベントは大盛況で多くの道行く男性がボディトリマーやラムダッシュを体験していた。夫婦や恋人カップルも多く訪れ、パートナーに勧められて体験される男性も多く見受けられた。やはりケア意識の高い女性は男性にもケアを求めるのだろうか。

参加した男性は一心不乱にボディトリマーやラムダッシュを駆使してセルフボディグルーミングの魅力を体験していた。

体験を通じた感想をヒアリングすると、

「これぐらい手軽にケアできるなら、自分でも日常的にケアをしたい。実際ケアしてみて気持ちよかったのでこれをきっかけにボディグルーミングをやってみたい。」(会社員/32歳)

「ツルツルは少し抵抗がありますけど、これくらい自然に長さを整えられるならすごくいいですね。彼氏の足がだいぶ綺麗になって嬉しいです。」(大学生/22歳)

「普段、ムダ毛のケアはしないのですが、こういう気楽に風呂に入った時にケアできる商品があれば普段からやりたくなります。」(公務員/34歳)

といった好意的な声が多く聞かれた。
気温が高まり男女問わず肌の露出が増える夏。ぜひパナソニックのボディトリマーで清潔感のある印象をキープしてみては?

Panasonic ボディトリマー ER-GK60 詳細はこちら

FOLLOW US