banner

ヤコブ コーエン GINZA SIXが4/20にオープン。限定50本の記念モデルも登場!

ヤコブ コーエンの日本3店舗目となる旗艦店が2017年4月20日、GINZA SIXの5階にオープン。開放的な店舗空間、そして旗艦店ならではの充実の品揃えが魅力。GINZA SIX 限定モデルや今季初登場となる新作モデルが発売されるなど要注目だ。

J622 (226-31195-75) 「GINZA SIX限定モデル」

メンズの定番モデルJ622を限定ウォッシュ加工。日の丸をデザインしたハラコパッチにはシリアルナンバ ーが入っており、ボタンフライ部分に「622 GINZA」の刺繍が光る。そんな豪華仕様に飽き足らず、限定BOX に梱包されるなど、完売必至な仕様となっている。展開サイズは28〜36インチとなっている。 5万円(税抜き)

お問合せ:ヤコブ コーエン GINZA SIX 03-3572-0017

J666 (226-31191-78) MAIN ※今季初登場のNEW MODEL!

ヤコブ コーエンといえば、美しいテーパードラインを描くJ622とJ688が定番モデルだ。そんな人気モデルにトレンドテイストをプラスして今季誕生したのがJ666。定番モデルに比べて腰回りや股上にゆとりをもたせた上で裾に向けて強いテーパードをかけたメリハリのある9分丈が特徴。カジュアルな顔立ちの中にもスラックスライクなスラントポケットを採用することでテーラードテイストを巧みに取り入れつつも、裾のタタキ仕上げで適度なバランスをとったトレンドコンシャスなモデルである。スニーカーやレザーサンダルといったカジュアルシューズにコーディネートしやすい点も魅力だ。3万8000円(税抜き)

お問合せ:ヤコブ コーエン GINZA SIX 03-3572-0017

テーラードジーンズの王道ヤコブ コーエン

ヤコブ コーエンは、ジーンズでありながらスラックスのように丁寧かつ繊細に仕立てられているのが最大の魅力であり、同ブランドがテーラードジーンズの王道と呼ばれる所以だ。特筆すべきはウエストに付けられたベルトピンフック。これはクラシカルなスラックスに見られる仕様で、ピンをフックに通すことでベルトのバックルがジーンズ中心からズレないように固定できる。さらに、ジーンズ界の雄・リーバイス 501をリスペクトしつつも、テーラードの国・イタリアのパンタローネを想像させる立体裁断とテーラードシルエットをあしらい、見事な美脚ラインを確立。股上が程よく浅く、アイロンワークによって足を包み込むようなシルエットを作り上げることで余分なシワやたるみも出ないため、脚がスマートに見えるのが特徴だ。まさに、仕立ての良いジャケットと共にフォーマルにも着られる”テーラードジーンズ”と言えよう。 ブラッシング、ピンチ(締め付け)、プレス(圧縮)、ウォッシュ(洗い)などの各工程の後は熟練の職人の手によって仕上げが施され、自然な仕上がりを芸術的かつ巧妙に表現。 「ジーンズを着慣れていない人々でもシーンを選ばずに着ることが出来る、快適かつエレガントなジーンズを創ること」。これはヤコブ コーエンの変わらないスピリットだ。

ヤコブ コーエン GINZA SIX 店舗情報

オープン:2017年4月20日(木)
営業時間:10時30分〜20時30分
商品ラインナップ:メンズウエア、ウィメンズウエア
お問い合わせ:ヤコブ コーエン GINZA SIX 03-3572-0017 / コロネット株式会社 広報室 03-5216-6513 

FOLLOW US

Related post