チューダーとフランス海軍が共同開発したダイバーズウォッチ「ペラゴス FXD」が登場!

Share

スイスのウォッチブランド「TUDOR(チューダー)」から、水中ナビゲーションのために設計されたフランス海軍の特殊部隊との共同開発プロフェッショナルモデル「ペラゴス FXD」が発売した。

スポンサーリンク

チューダーとフランス海軍の共同開発による独自仕様を携えた時計「ペラゴス FXD」

今回チューダーから発売された「ペラゴス FXD」は、フランス海軍の特殊部隊との共同開発により、独自の仕様を携えて生まれた新作。業界でも早期であったプロフェッショナル仕様のモダンダイバーズウォッチを発表した1950年代から1980年代まで、チューダーにはフランス海軍のサプライヤーとして腕時計を納入し続けた歴史がある。ケースにストラップバーが固定されたその頑丈な構造から名付けられた「ペラゴス FXD」は、フランス海軍とチューダーのかつての親密な関係を蘇らせる役割を担う。そんな本モデルは、フランス海軍の権威ある戦闘ダイバー部隊として知られる“コマンドー・ユベール”の協力のもと開発された、特殊機能を含む独自の仕様を満たす本物のテクニカルウォッチだ。

詳細はこちら

チューダーとフランス海軍の密接な関係性とは?

2021年、新たな展開を迎えることとなったチューダーと“マリーン・ナシオナル(フランス海軍)”の比類なき物語は、1956年よりスタートした。当時、トゥーロンに拠点を置いた仏海軍附属機関の水中研究調査グループ(G.E.R.S – Groupement d’Étude et de Recherches Sous-Marines)は、実際の使用環境で評価するために2種のオイスター プリンス サブマリーナーを取り寄せた。それぞれ100mの防水性能を備えた、自動巻のRef.7922と手巻のRef.7923だ。当時のG.E.R.S司令官が下した判断は、いずれの時計も防水性能は「完璧」。そして、機能も「完全に正確」。チューダーのダイバーズウォッチの可能性を確信した彼は即座に時計の発注量を増やした。こうしてチューダーは1961年にフランス海軍の正式サプライヤーの地位を得たのだ。

詳細はこちら

それから数十年にわたりチューダーのダイバーズウォッチは進化を続け、多くのモデルがフランス海軍によって採用された。その中でもっとも有名なのは、象徴的なブルーのダイアルとベゼルを持つRef.9401だ。ケースバックに“M.N.”のイニシャルと製造年がエングレーブされたこの型番は、「スノーフレーク」針とスクエアのアワーマーカーを備えたバージョンと、三角形のアワーマーカーを備えた後発バージョンの2種類で展開された。1970年代半ばに誕生したこのモデルは、1980年代まで継続してフランス海軍に提供。2000年代に入ってからは、特にフランス海軍の潜水学校や戦闘ダイバーの間で使用されていた。公式には20年ほど前に廃盤になったものの、“チューダー M.N.”は今日でも予備兵や退役軍人の手首に装着されているのが見られる。「ペラゴス FXD」は、まさにこのシンボリックなモデルを着想源としているのだ。

詳細はこちら

チューダー「ペラゴス FXD」に採用された独自の技術仕様

フランス海軍の戦闘ダイバー部隊と共同で開発された「ペラゴス FXD」は、彼らが求める一連の技術的仕様を極めて正確に具現化している。より高い堅牢性と信頼性のためケース本体に固定されたストラップバーといった、チューダーにとって新しい機能的特徴を多く採用しているのはそのためだ。ラグを延長させたようなその形状は、本モデルならではの独特なシルエットを生み出している。

詳細はこちら

120のノッチを刻んだ回転ベゼルも「ペラゴス FXD」に新しく採用された仕様の一つ。両方向に回転するベゼルには、0から60までの目盛りが反時計回りにあしらわれている。これは、ダイバーズウォッチ規格 ISO 6425:2018への準拠よりも、戦闘ダイバーたちの重要な任務である“水中ナビゲーション”に特化したニーズを満たす仕様を優先したことの表れだ。

水中ナビゲーションに特化した機能性の数々

水中ナビゲーションでは、綿密に計画されたルートをたどり、水面に浮上することなくピンポイントで目的地へ到達することが求められる。“ライフライン”と呼ばれる紐で互いを繋いだダイバー2名のペアが、磁気コンパスを用いて連続した直線の水泳を行う。彼らは各セクションを一定の速度で、設定された時間を計測しながら目的地にたどり着くまで真っすぐ泳ぐ。正確な計時のためには、新しいセクションに入る度にカウントダウンを再スタートする必要があるのだ。そこで役立つのが、本モデルのベゼルにあしらわれた反時計回りの発光性目盛り。セクションごとに設けられた所要時間に応じてベゼル上の数字を分針の位置に合わせればよく、分針が三角形のマーカーに達したらコースを変え、計時担当のダイバーが次のカウントダウンをスタートさせる。さらに、この時計のベゼルリングはケース本体よりも大きい。長い潜水により冷えて感覚を失ったグローブ着用の手でも操作できるよう、グリップ性を向上させているのだ。

詳細はこちら

「ペラゴス FXD」の意匠は、歴史的にフランス海軍に採用されてきたチューダー ダイバーズウォッチから着想を得ている。例えばネイビーブルーのカラー。そして暗闇の使用でも発光強度を最大化させるために1969年に導入された、スクエアが先端に付いた「スノーフレーク」針やスクエア型アワーマーカー。他にも、発光塗料を用いたサンドブラスト仕上げのセラミック製回転ベゼルを採用している。さらに、チタニウム製ケース全体にサテン仕上げを施し、そのマットな質感によって光の反射を制限。しかし本モデルのハイライトは、実はケースの裏側に見られる。錨の上に帽子を載せたデザインのMarine nationale(フランス海軍)のロゴと、かつてのチューダーウォッチのケースバックを彷彿とさせる “M.N.21”(Marine nationale 2021)のエングレービングが施されているのだ。

詳細はこちら

機能的かる歴史的価値のあるフランス海軍の伝統的なストラップを採用

フランス海軍は歴史的に、チューダー製ダイバーズウォッチをブレスレットなしで発注し、主に手製のファブリックストラップを装着して使用していた。中でもダイバーたちが特に好んで利用していたストラップは2種。それは、ブラックの編み込みのナイロン製ストラップと、グリーンの生地にイエローまたはレッドのラインが特徴的なパラシュートを再利用した弾性バンドから作られた、ハンドメイドのストラップ。「ペラゴス FXD」では、フランス海軍のダイバーと密接に関連しているこの後者の、超機能的かつ歴史的価値のあるストラップにオマージュを捧げているのだ。

詳細はこちら

チューダーは2010年にいち早くファブリックストラップを採用して以来、常に先駆者であり続けている。フランスのサンテティエンヌで150年以上家族経営を続けるジュリアン・フォール社によって、19世紀製の織機を用いて生み出されるファブリックストラップ。それは品質と快適さを両立する唯一無二の存在だ。「ペラゴス FXD」のためにジュリアン・フォールとチューダーは、フランス海軍の戦闘ダイバーが携わる険しい任務にも耐えうる最新技術を反映した新しい構造のストラップを開発した。中央にグレーのラインが入ったネイビーブルーのポリエチレン製織りリボン(幅22mm)にセルフグリップ着脱システムを組み合わせた新ストラップは、あらゆる手首に快適にフィットする。

マニュファクチュール キャリバーMT5602

「ペラゴス FXD」に搭載されたマニュファクチュール キャリバーMT5602は時針、分針、秒針を備え、他のチューダーのマニュファクチュール キャリバー同様、特徴的な仕上げが施されている。一体鋳造のタングステン製ローターには透かしがあしらわれ、サンドブラスト加工が施されたサテン仕上げに。ブリッジとメインプレートはサンドブラスト仕上げとポリッシュ仕上げでレーザー加工によりデコレーションが施されている。

詳細はこちら

堅牢性、耐久性、信頼性そして精度を兼ね備えたこのムーブメントは、2ヶ所で固定されたトラバーシングブリッジによって支持される可変慣性テンプを有している。また非磁性のシリコンバランススプリングを備えるほか、MT5602はスイス公認クロノメーター認定を取得。その認定ではムーブメントの状態で日差が-4秒から+6秒を基準としているが、チューダーはさらにその上、腕時計として組みあげられた状態で日差が-2秒から+4秒というより高い基準を達成している。その他の特筆すべき特徴は約70時間のパワーリザーブ。金曜日の夜に腕時計を外し、月曜日の朝に身に着けたときに再びゼンマイを巻く必要がない。

「TUDOR(チューダー) ペラゴス FXD(REFERENCE 25707B/21)」詳細情報

価格:443,300円(税込)
ケース:42mm チタニウム製ケース
ムーブメント:マニュファクチュール キャリバー MT5602、両方向回転ローター搭載の機械式自動巻ムーブメント
パワーリザーブ:約70時間
機能:時針、分針、秒針、秒停止機能による正確な時刻設定
振動回数:28,800/時(4Hz)
耐水性:200m(660フィート)
公式サイトはこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する