エルメス出身デザイナー「ルメール氏」ユニクロパリR&Dセンターのアーティスティックディレクター就任。新ライン「Uniqlo U」 2016年秋冬に発売決定

ルメール、ユニクロUアーティスティックディレクターに就任

ユニクロパリ R&Dセンターのアーティスティックディレクターに、クリストフ・ルメール氏が就任するという驚きのニュースが飛び込んできました。ルメール氏は、ユニクロアーティスティックディレクターとしての初の試みとして、パリR&D センター発のユニクロの新ライン「Uniqlo U(ユニクロユー)」を展開していくことが決定。「Uniqlo U」は、人々のあらゆるライフシーンをより快適に豊かにする服=「LifeWear」の新しい提案として、2016年秋冬から全世界のユニクロで発売されるもよう。

ルメール氏は、パリの R&D センターのユニクロメンバーの一員として強固なチームワークで「Uniqlo U」の商品作りに携わっています。「Uniqlo U」の商品発表は、7月上旬にパリで行われる予定。クリストフ・ルメール氏が率いる、パリ R&Dセンターから発信される新しいLifeWearの形となる「Uniqlo U」。
ルメール氏は、これまでラコステやエルメスといった世界を代表するブランドやメゾンのアーティスティックディレクターなどを歴任。昨年10月には、ルメールブランドとユニクロのコラボレーションによる UNIQLO AND LEMAIRE の初コレクションを発売し、今年の 3 月にはラストコレクションとなる 2016 年春夏コレクションを発売。今の時代感を反映させた完成度の高い商品は、ファッション業界人をはじめ多くの人々を魅了しました。

株式会社ユニクロ代表取締役会長兼社長 柳井 正のコメント

ルメール氏がユニクロの一員となり、同じゴールを目指して仕事ができることを心から嬉しく思います。 UNIQLO AND LEMAIRE コレクションを共に進めていく中で、彼のすばらしい才能にいつも驚かされてきました。ユニクロの商品が彼の才能によりどのように進化し、イノベーションを起こすのか本当に楽しみです。ユニクロを舞台に、豊富な経験と才能を大いに発揮してくれるものと確信しています。

アーティスティックディレクター、Christophe Lemaire(クリストフ・ルメール氏)のコメント

UNIQLO AND LEMAIRE コレクションの仕事を通じ、ユニクロの商品作りへのこだわり、品質の高さ、チー ムワークに感心し、いつも良い刺激をもらってきました。今回このチームの一員として世界中の人々の日常着というスケールの大きなユニクロのLifeWearのデザインに携わることに、デザイナーとして大き な挑戦と喜びを感じています。

FOLLOW US

Related post