Lee ARCHIVESより、WW Ⅱ大戦モデルのジーンズとデニムジャケットが復刻!

Share

Lee(リー)の伝説的なプロダクトを現代に蘇らせるプロジェクトであるLee ARCHIVESより、WW Ⅱ 大戦モデルの「COWBOY PANTS」と「COWBOY JACKET」が登場。Lee公式オンラインショップと、Lee各店舗で販売中だ。

スポンサーリンク

伝説のモデルを再現するLee ARCHIVESより、第二次世界大戦の最中に登場したアイテムが復刻!

Leeが100年以上もの歴史の中で輩出したマスターピースを忠実に復刻し、オリジナルと遜色無いクオリティで再現するLee ARCHIVES。そんなLee ARCHIVESより、2年ぶりにニューアイテムが登場した。今回は、第二次世界大戦の最中、物資統制による衣料品の素材や金属等の部材簡素化に伴い、ディテールが変更された「COWBOY PANTS」と「COWBOY JACKET」を復刻販売。廉価な既製パーツの採用、本来のディテールの省略といったこの時期だけに見られる特徴を忠実に再現したモデルとなっている。

Lee ARCHIVES 特設サイトをチェック!

物資統制に伴い、あらゆるディテールが簡略化された「WWⅡ 101 COWBOY PANTS」

第二次世界大戦当時、軍用としてジッパーが大量に必要となり、ジッパータイプの101-Zの生産が休止になった後に登場したWWⅡ 101 COWBOY PANTS。ジッパータイプからボタンフライに変更された本モデルは、トップボタンには汎用月桂樹ボタン、フライボタンには無刻印のボタンが採用されている。また、物資統制の影響でコインポケットのリベット、バックポケットのステッチと補強布は省略。本来、前ポケットと股部に使用されていた銅や真鍮のリベットに代わり、鉄製無着色のLee刻印が入った通称“UFOリベット”に変更されている。

詳細・購入はこちら

武骨なワークウェアの雰囲気が宿る「WWⅡ 101J COWBOY JACKET」

1930年代に誕生したCOWBOY JACKETも、第二次世界大戦禍、物資統制によって様々なディテールを変更。ボタンはCOWBOY刻印から汎用月桂樹ボタンに、ワークウェアを誇示するトリプルステッチはダブルステッチに変更された。また、胸ポケットのフラップは縫製工程を軽減するため、丸みのある形状に。そして、バックルバックは廃止され、リベットとプリーツのみに省略。現在では、Leeと言えば左綾デニムの代表格であるブランドだが、本モデルでは1944年まで採用された右綾仕様となっている点も見どころだ。

詳細・購入はこちら

Lee ARCHIVESシリーズ「WW Ⅱ 大戦モデル」詳細情報

発売日:2021年1月7日(木)
価格:¥20,000(WWⅡ 101 COWBOY PANTS)、¥30,000(WWⅡ 101J COWBOY JACKET)※価格はすべて税抜き
販売店舗:Lee公式オンラインショップ、Lee(原宿店、新宿店、名古屋店、堀江店、仙台店、大分店)
お問い合わせ:Lee公式サイト

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する