ゼニスとバンフォード ウォッチ デパートメントが初のブティック限定エディション「クロノマスター エル・プリメロ レイダー」を発売

Share

2019年10月「ZENITH(ゼニス)」が、世界最古のデパートであるル・ボンマルシェにて“バンフォード ウォッチ デパートメント”とのコラボレーションモデル「Chronomaster El Primero Radar(クロノマスター エル・プリメロ レイダー)」を発表した。

スポンサーリンク

ゼニスのオーダーメイド製造を行う“バンフォード ウォッチ デパートメント”との最新コラボモデル「クロノマスター エル・プリメロ レイダー」

今年10月、パリを代表する老舗百貨店ル・ボンマルシェのゼニスブティックにて、“バンフォード ウォッチ デパートメント”のジョルジュ・バンフォード氏はVIPに向けて、コラボレーションモデル「クロノマスター エル・プリメロ レイダー」を先行発表した。1865年の創業以来、精度と革新を常に探求し続け、パイロットウォッチの先駆者として、また自動巻きクロノグラフキャリバーで初めてロット製造されたキャリバー“エル・プリメロ”で知られているゼニス。そして、ゼニス初のオーダーメイド製造を行う、ウォッチカスタマイザーのリーダーである“バンフォード ウォッチ デパートメント”。この両者が手がける見逃し厳禁のコラボウォッチは、日本では12月中旬より世界限定50本のみ販売される予定だ。

CHRONOMASTER EL PRIMERO RADAR (4)

約100年前の時計にインスパイアされた「クロノマスター エル・プリメロ レイダー」はレトロフューチャーな仕上がりに

今回のコラボモデル「クロノマスター エル・プリメロ レイダー」は、バンフォード ウォッチ デパートメントのジョルジュ・バンフォード氏がゼニスを訪問した時、1916年の懐中時計に強いインスピレーションを受け誕生した。ダイヤルに鮮やかなレッドのアクセントを配したデザインが主なソースとなり、ゼニスの代表的モデル“クロノマスター エル・プリメロ レイダー”がレトロフューチャーな仕上がりに。過去のスタイルをそのまま引用するのではなく、モダンなデザインに仕上げられたこのコラボモデルは、ゼニスのアーカイブピースからのインスピレーションとともにフューチャリスティックな視点を明確に感じることができる。

約100年前の時計にインスパイアされた「Chronomaster El Primero Radar」はレトロフューチャーな仕上がりに

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ