オメガの伝説的ムーブメントを搭載した最新作「スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ」が登場!

オメガから、「キャリバー321」を搭載した最新のムーンウォッチ「スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ」が登場。初代スピードマスターに使われていた伝説的ムーブメントを復活させたロマンあふれるモデルが、今年の冬に発売される。

スポンサーリンク

初期スピマスに搭載されていたムーブメントが最新技術で復活!「スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ」

アポロ11号の月面着陸から50周年となる今年、オメガは長らく待ち望まれていたアイコニックなキャリバー321の復活を発表した。美しく繊細なデザインで知られるオリジナルのキャリバー321は、1957年、スピードマスターに搭載された最初のムーブメント。NASAの試験を唯一パスし公式装備品として認定された「ST105.003」をはじめ、宇宙へ行った数々のスピースマスターに搭載されていた。今回復活したキャリバー321はオリジナルの特徴を残したまま、さまざまな試行錯誤と緻密な研究によって生まれ変わっている。

OMEGA_321_Moonphase_04

ケースはプラチナゴールド製の高級仕様!ブラックセラミックベゼルにも注目

「スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ」では、サファイアクリスタル製のケースバック越しに新たに搭載されたキャリバー321を眺めることができる。42mmのケースはポリッシュ仕上げの特別なプラチナとゴールドの合金であるプラチナゴールド製。デザインはツイストラグが付いたアシンメトリーが特徴の、第4世代スピードマスター(ST105.012)のケースデザインにインスパイアされている。ブラックレザーとプラチナ製バックルのストラップもラグジュアリー。スピードマスターを象徴するディティールの一つであるベゼルは、ブラックセラミックにホワイトエナメルでタキメータースケールを施している。

OMEGA_311.93.42.30.99.001_PUB

本物の月隕石をスライスしてサブダイヤルで月へのロマンが詰まった1本に

ダイアルにはオニキスを採用し、18Kホワイトゴールドのインデックスと時分針が、ブラックカラーと完璧な調和を生み出す。特に注目すべきもう一つのディティールが、月隕石をあしらった3つのサブダイアル。スピードマスターが刻んだ月探査の歴史に敬意を表し、本物の月隕石をスライスしたものがデザインに組み込まれている。搭載されているキャリバー321はもちろん、ケースやダイアルデザインなど、歴代スピードマスターのなかでも特に「ムーンウォッチ」の名に相応しい仕上がりとなっている。

発売日:今冬発売予定
問い合わせ先:03-5952-4400 (オメガお客様センター)

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ