G-SHOCK 5600シリーズの見た目はそのままに中身をアップグレード!最新機能を搭載したモデルが登場

G-SHOCKの初代モデルDW-5000Cの形はそのままに、進化を続ける5000/5600シリーズから新構造のバンドを採用した「GW-B5600HR-1JF」が登場。スクエアデザインをはじめとする初代のDNAを受け継ぎながら、時計としてのクオリティを追求した1本となっている。

スポンサーリンク

新型バンドと最新機能を備え、初代G-SHOCKのデザイン性を継承した「GW-B5600HR-1JF」

新たにデザインされた今作のバンドでは、外駒の樹脂の中にメタルパーツを埋め込み、中駒は軽量かつ耐久性の高いファインレジン素材を採用。G-SHOCKらしい強度を追求しながら軽量化を実現した。中駒の裏側には、鮮やかなレッドを配することでアクセントカラーをさりげなく表現。留め具がワンプッシュ三つ折れ式となっているため、スムーズに装着できるのもポイントだ。レトロな見た目と相反し、機能面では正確な時刻精度を追求。Bluetooth通信機能に加え、専用アプリケーションの「G-SHOCK Connected」と連携することによりインターネット上のタイムサーバーから正確な時刻情報を取得できる。さらにマルチバンド6を搭載しているため、世界6局の標準電波に対応するエリアでは自動で時刻修正を行う電波受信機能も搭載。

GW-B5600HR-1_JF_DR

商品詳細はこちら

さらに、カシオ独自の省電力技術によるタフソーラーで安定的な駆動を可能にし、高輝度なフルオートLEDバックライトやワールドタイムなどの実用性も備える。数々の最新機能を搭載しながら従来のサイズをキープ。進化を遂げながらも、完成度の高いデザインを継承している。

発売:2月
価格:¥26,000+税
G-SHOCKの公式サイトはこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ