世界の音楽シーンで戦う日本のDJ「SHINTARO」の野望と美意識とは?

協賛: パナソニック株式会社

Panasonic Men’s Groomingが日々のグルーミングをよりリッチな体験に変える3つの新商品を発売。その発売を記念し、Panasonic Men’s GroomingとOTOKOMAEがコラボレーション。今回は、史上最年少かつアジア人として初めて「RedBull Thre3Style」で世界チャンピオンになって以来、ヨーロッパやアジアなど世界を股にかけて活躍するSHINTARO氏にフィーチャー!

グローバルに活躍するアジアのレジェンドDJ「SHINTARO」とは?

4歳の頃からピアノや和太鼓の演奏に触れ、現在の類希なる音楽センスの糧を形成。その後15歳でHIPHOPカルチャーに触れる中、DJを開始。数々のバトルで活躍した彼は、Vestax主催の「NoTricks DJ Battle」では3度の優勝、その後スクラッチがメインのバトルDJ卒業を宣言。クラブPLAYに注力し、活躍の幅を広げる中、2013年にはRedBull Thre3Styleに日本代表として出場。初出場ながら史上最年少かつ開催国外DJ初となる世界制覇を成し遂げた。これは日本人としてもアジア人としても初となる快挙だ。

世界の音楽シーンで戦う日本の男「SHINTARO」の野望と美意識とは?

世界チャンピオンの称号を手にしたあとも彼の勢いはとどまるところを知らない。現在は、GMOインターネットグループのGMO Culture Incubationのアーティスト・プロデューサーとして活動中。ジャンルの枠を超えるボーダーレスな選曲とテクニカルなスクラッチで構成される彼の革新的なプレイスタイルは世界各国からも称賛され、海外からのオファーも後を絶たない。

CC44C5F5-B1D0-4A0C-A863-5B7167E0EA64

近年世界的ムーブメントとなっている野外フェスティバルにおいても多数の実績を積んでおり、世界最大級フェスであるULTRA MUSIC FESTIVALにて2年連続メインステージに登場。2016年にはFUJI ROCK FESTIVALに出演、2017年にはEDC JAPANのメインステージにも登場し、ジャンルレスなPLAYが数万人のオーディエンスやダンスミュージック関係者から評価されている。2015年からは本格的に楽曲制作を開始。初のオリジナル楽曲EPをTREKKIE TRAXよりリリース。自身のYoutubeチャンネルは600万回再生を越えるなど、今後のパフォーマンス、プロデュース作品共に世界から注目が集まっているDJ/プロデューサーである。

SHINTARO公式instagram

SHINTARO公式YOUTUBE

2/5GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ