メンズ 財布 ブランド【本気の12選】

オシャれな男性たるもの財布にもこだわりたいところ!
服がキマってるのに、財布がダサい!なんでことがないようにしたいものです。
男前研究所が本気でオススメするブランドとモデルをご紹介していきます。

スポンサーリンク

ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

イタリアのヴェネト州ヴィチェンツァを本拠地とするファッションブランド。ちなみにブランド名は、「ベネチアの工房」を意味します。
職人の技を大切に考えることで知られるブランドで、次世代の革職人養成・支援する学校を創立したことも話題になりました。
2001年にグッチなどを抱えるケリンググループの傘下となり、現在は宝飾品や家具などの商品展開もしています。
職人の技術を活かしたイントレチャート(手編み込みの意味)の財布が定番人気を博しています。

<Bottega Veneta ラウンドファスナー長財布>

<Bottega Veneta コンチネンタルウォレット>

販売サイトをのぞいてみる

ルイヴィトン(Louis Vuitton)

フランスのマルティエ(スーツケース職人)であるルイ・ヴィトン氏が創業したブランド。ファッション界の巨人、LVMHグループの中核を成す。
日本でも常に安定した高い人気を誇っています。
定番のダミエやモノグラムもカッコいいのですが、男前研究所としては男らしい雰囲気を演出できるエピ、タイガをオススメします。
<Louis Vuitton エピ ジッピーウォレット>

販売サイトをのぞいてみる

<Louis Vuitton タイガ ジッピーウォレット>

販売サイトをのぞいてみる

ジミーチュウ(Jimmy Choo)

Choo Yeang Keatとヴォーグ誌編集者であるTamara Mellonが1996年にイギリスで創業した新鋭ブランド。海外は勿論、日本でも多くの有名人や芸能人、イギリスの王族などに着用されていることで有名。靴、財布ほかバッグ、アクセサリーにもファンが多い。星のスタッズ付きのモチーフは特に人気が高く世界各地で品薄状態が続く。

<Jimmy Choo 長財布 スターデザイン レザー CARNABY>

<Jimmy Choo 長財布 フィリッパ ブラックxシルバー>

販売サイトをのぞいてみる

プラダ(PRADA)

兄弟であるマリオ・プラダとフラテッリ・プラダがミラノにて創業したイタリアを代表するブランド。
世界中から珍しい素材や高品質な皮革を集めて制作した製品が評判となり、イタリア王室の御用達に。
<PRADA カーフメンズラウンドファスナー>

販売サイトをのぞいてみる

グッチ(GUCCI)

グッチオ・グッチ氏が1921年にフィレンツェにて創業したイタリアを代表するブランド。現在は、多数の有名ブランドを持つフランスのケリンググループの傘下にあって中核ブランドの地位を保持。

<GUCCI セレリア ツートーン レザー ブラック×オフホワイト>

販売サイトをのぞいてみる

ダンヒル(DUNHILL)

アルフレッド・ダンヒルが、馬具専門製造卸売業としてロンドンで創業したことをルーツとするブランド。
現在は男性向けの製品を中心に、小物やバッグ、時計や衣料品など様々なジャンルの製品を展開中。媚びない硬派なイメージがビジネスエグゼクティブにウケています。
最近では、長財布より大きくセカンドバッグより小さい”オーガナイザー”をプッシュ。パスポートを入れることができることもあり海外出張の多いビジネスマンに人気。
<dunhill オーガナイザー>

販売サイトをのぞいてみる

ブルガリ(BVLGARI)

ギリシャ系イタリア人のソティリオ・ブルガリが1884年にイタリアのローマに創業した高級宝飾品ブランド。現在は、LVMHグループになっている。
ちなみに、なぜBULGARIではなくBVLGARIなのかギモンに思ったことはありませんか?これ実は、”J”、”W”、”U”がなく、小文字もなかった古代アルファベットの表記法なので”U”ではなく”V”なんです。

<BVLGARI 長財布 ラウンドファスナー グレインカーフ ブラック>

販売サイトをのぞいてみる

ロエベ(LOEWE)

皮革製品で有名なスペインのブランド。
元々は、マドリードで数人の職人によって営まれていた皮革工房がルーツ。エンリケ・ロエベ・ロスバーグ氏が工房を見学をきっかけにパートナーとなり、マドリードの貴族に受け入れられていくところから拡大。
製品のデザインと品質が高く評価され、20世紀初頭からスペイン王室御用達の称号を授かっています。現在はLVMHグループ傘下となり、さらなる拡大を続けています。
<LOEWE EXOTIC ラウンドファスナー 長財布>

販売サイトをのぞいてみる

トッズ(TOD’S)

イタリアの靴ブランド。
革の間にゴムの滑り止めを埋め込んだドライビングシューズ”Pebbled sole”で有名。
<TOD’S EMBOSSED LEATHER ZIP AROUND WALLET>

販売サイトをのぞいてみる

アニアリ(aniary)

An ideal and reality 「理想」と「現実」を信念に、革素材から縫製、付属のひとつひとつまですべてにおいてこだわりを追求した日本のレザーブランド。
丁寧な作りと高いデザイン性、リーズナブルな価格で、本物志向のファッショニスタに受け入れられています。

<aniary 財布 長財布 アイディアルレザー ラウンドファスナー>

<aniary 長財布 リアルクロコダイルレザー>

購入サイトをのぞいてみる

ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)

強く耐久性のあるイングリッシュブライドルレザー使いが有名な1875年創業の英国ブランド。
ブライドルレザー(英国貴族の馬具用に開発された伝統的な皮革)の特徴でもあるメンテナンスしながら長年使い込むことによる味わいの深さを感じることができるのも魅力。

<Whitehouse Cox S2622 ロングジップウォレット>

販売サイトをのぞいてみる

エッティンガー(ETTINGER LONDON)

“HANDMADE IN ENGLAND”という刻印の示す通り、ハンドメイドにこだわった英国ブランド。
英国王室御用達の称号を獲得しており、チャールズ皇太子をはじめ英国王室に愛用者が多く、数多くの革製品を納入している。
ちなみに今では当たり前となっているコンビネーション使いは、創業者であるゲリー・エッティンガー氏のアイデア。
<ETTINGER ジップラウンド長財布 ブラック&パープル>

販売サイトをのぞいてみる

FOLLOW US

Related post

公式 Instagram スナップ