ビジネスマンにおすすめの革財布特集!

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示

2ページ以降を表示しています。

目次を表示
スポンサーリンク

大容量&スマートなメンズ革財布「長財布」

スーツスタイルに最もスマートにハマる財布といえば長財布。大容量ながら厚みが少ないため、ジャケットの内ポケットに入れてもスーツのシルエットが崩れず、会計時にカードや紙幣をスマートに出せるのがメリットだ。ただし、その反面小銭の収容量が少なかったり収納自体ができないタイプも少なくない。スマートに持つならコインケースとの併用もおすすめ。

メンズ長財布おすすめ①「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) エピ ポルトフォイユ・ブラザ」

ルイ・ヴィトンの代表的なモデルの一つであるタイガの長財布。フランス人探検家ピエール・ブラザにちなんで名付けられた。クレジットカード16枚、紙幣、名刺に加え、チケットやレシートなども収納可能。スタイリッシュながら収容力にも優れているのは嬉しいポイント。

詳細・購入はこちら

メンズ長財布おすすめ②「HERMES(エルメス) MC2 FLEMING VEAU EPSOM NOIR」

高級ブランドのなかでも最高峰と誉れ高い「エルメス」の長財布。皮革製品で成功を収めたブランドだけあって、その品質は唯一無二と言える。「エプソン」は、エルメスを代表するレザー素材のひとつだ。キメの細かさと上質なシボ感で、エルメスというブランドをアピールせずともハイステータスな雰囲気が伝わる。

詳細・購入はこちら

メンズ長財布おすすめ③「Whitehouse Cox(ホワイトハウス コックス) S9697 LONG WALLET」

1875年の創業以来、高品質な馬具や洗練されたデザインのベルト、鞄や財布など様々なレザーアイテムを作り続けているブランド「ホワイトハウス コックス」。素材は耐久性のあるイングリッシュブライドルレザーで、約10週間もの間、樹皮や種子など自然の草木を使い丁寧にタンニン鞣しを施し、さらに天然の染料を革の深部にまで染み込ませたものである。定番の長財布S8819を薄くして胸ポケットにしまいたいという顧客のリクエストに応えて生まれたのがこのS9697だ。コインケースは底のマチがない仕様のため、コインケース自体が無いかのような薄さに。

詳細・購入はこちら

3/11GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する