【急募】編集サポートスタッフ募集中!

クラークスの隠れた名作ローカットシューズ「ナタリー」の魅力

Share

名作デザートブーツやワラビーを生み出したイギリスの老舗シューズブランド「Clarks(クラークス)」。シンプルながらもクラークスにしかない独自のデザインを反映させたカジュアルシューズたちは、ブランド誕生から約200年経った今もなお色褪せないアイテムだ。今回は、そんなクラークスのワラビーの流れを汲む「Natalie(ナタリー)」にフォーカス。さまざまなシーンで活躍する優秀なナタリーの特徴と手入れ方法、サイズ感までを徹底解説!

「Clarks(クラークス)」とは?

イギリスの老舗シューズブランド「Clarks(クラークス)」。キレイめにもカジュアルにもキマる汎用性の高いシューズを展開するクラークスは「Wallabee(ワラビー)」や「Desert Boot(デザートブーツ)」をアイコンアイテムとし、多くの人々から高い人気を集めているシューズブランドだ。トレンドに左右されない洗練されたデザインと、上質な雰囲気が特徴のアイテムたちを展開。あらゆるシーンで活躍するシューズは、誕生してから約200年経った今なおその人気は衰えず、カジュアルシューズの世界的ブランドとして名を馳せている。

詳細・購入はこちら

スリッパがきっかけ?クラークスの歴史とは

クラークスの誕生は、今から約200年前の1825年まで遡る。イングランド南西部のストリートと言う市街地に住むサイラスとジェームスのクラーク兄弟が、ボアの付いたやわらかなシープスキンのスリッパを考案。当時としては斬新なデザインであったが、驚くほどの履き心地の良さから、またたく間に人気アイテムに。これにより、本格的にスリッパの製造を始めることとなった2人は、世界の靴メーカーに先がけ靴専用のミシンを開発。足の健康を考えた靴づくりや、防水加工の革靴を商品化したりなどいろいろな試みをしており、1950年にはクラークスのアイコンとなる「デザートブーツ」の販売を開始した。当初は「こんな風変りなものが売れるはずがない」と低い評価を受けていたが、あっという間に人気商品となったのだ。

詳細・購入はこちら

今では、“靴は、私たちの足元ある地球と最も密接につながる存在”として、サステナブルを意識した取り組みやものづくりを意識しており、伝統を守りながらも現代に合わせてアップデートしているのも魅力のひとつ。これまでなかった“カジュアルシューズ”というカテゴリーを確立させ、歴史ある1足を生み出したクラークス。現在では、デザートブーツの販売実績が全世界で1500万足を超え、欧州から北米、アジアまで幅広い地域で展開し、世界中の老若男女に愛されるシューズブランドとして確立している。

【関連記事】

楽チンな履き心地ながら足元を洒脱に見せる、英国ブランドクラークス(Clarks)...
ドレスシューズほどかしこまった感じがなく、スニーカーほどカジュアルになりすぎない...
2/4GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

GOODS

モカシンシューズの代名詞、クラークス(Clarks)の「ワラビー」が愛される理由とは?

GOODS

クラークス(Clarks)の名品「デザートブーツ」が休日のメンズ靴としておすすめの理由とは?5つの魅力を紹介

FASHION

ドクターマーチンの名作3ホールシューズ「1461」の履きこなし方を海外の着道楽に学ぶ。メンズコーデ事例とおすすめアイテムを厳選紹介!

FASHION

スーツに合わせる靴はどう選ぶ?王道からハズしまで一挙に紹介

NEWS

三陽山長が雨の日でも快適な履き心地の新生ドレススニーカー「柔」コレクション5型を発売

FASHION

ネイビースーツに合う靴とは?革靴とスニーカーの2カテゴリでポイントとおすすめのアイテムを紹介!

FASHION

グレースーツに合わせる靴の選び方とは?色のチョイスを主に、革靴とスニーカーの2カテゴリでポイントを解説!

GOODS

クロケット&ジョーンズの柔らかなアンライニングローファー「リッチモンド」に宿る6つの魅力

GOODS

セバゴのクラフツマンシップが息づく「DOCKSIDES(ドックサイズ)」の魅力とは?

GOODS

3万円台まで!コスパ最強のおすすめビジネスシューズ7選

GOODS

職人の技が光るUチップ、三陽山長「勘三郎」の魅力とは?

FASHION

ローファーを私服に取り入れるなら?学生から社会人まで全ての男性が参考にしたいメンズコーデ事例を紹介!