【合コンモテ講座】本気で成果を出す男の鉄則9か条【生々しいテクニック】

合コン、テクニック、鉄則、お持ち帰り、モテる、モテたい

【合コンモテ講座】本気で成果を出す男の鉄則9か条【生々しいテクニック】

スポンサーリンク

■今宵も全国で繰り広げられる合コン

日本において、合コンは最もポピュラーな男女の出会いの場であると言っても過言ではないだろう。今宵も全国で数百件の合コンが開催され、猛者達がしのぎをけずっているのは間違いない。未婚者で彼女探しに合コンに週2は行くという方から、既婚者だけどこっそり参加という方まで色々いらっしゃることだろう。男前たるもの、参加するからには成果をあげたいところ。今回は主に30代から40代という大人年代の男性がいかに男前にこなし、成果をあげていくべきなのか大まじめに考えていきたい。なお今回のコラムにあたっては、合コン百戦錬磨の猛者たちの叡智をベースにしている。心より感謝申し上げたい。

■合コンにおける成果とは?

まずは重要な成果の設定。状況によって”彼女をつくること”、”ワンナイトラブに持ち込むこと”、”単純にモテてチヤホヤされること”など色々あると思うがモテないことにははじまらない。重要なのは刻々と変化する戦況の中で、自分のゴールは何か常に意識しながら臨機応変に動くこと。

■大人の男前がおさえるべきモテる合コンの鉄則9か条

■戦場は大人ムードな店で大人の余裕を感じさせる

まずは店選び。これは幹事でないと決定権がないが、かなり重要。

20代であれば安い居酒屋でも許されるところだが、大人の男となるとそうはいかない。目安としてひとりあたりの単価が4500円以上の雰囲気の良いお店をおさえておこう。高級ではなくて良いが、そこそこ以上の雰囲気あるお店を選ぼう、コドモとは違うところを見せなければいけない。そして可能であれば店員さんや店長のレベルを把握し、良さそうな店なら仲良くなっておくこと。戦場が自分のフィールドであればあるほど、とても闘いやすくなる。

ちなみに、いつも同じお店で合コンをする後輩O氏のエピソードをひとつ。透明なガラス張りの個室に天井からガラスをはって落ちてくる水、幻想的な青い照明が良い雰囲気を出す恵比寿の某店。いつもの合コンだと気をまわした店員さんが満面の笑顔で勝手に割り箸とマジックをもってきたのだ。そう、彼が毎度やっている王様ゲームのために気をきかせたつもりで!(笑)彼の場合はなんとかうまくごまかしていたが..。店側の空気を読む能力も店選びの重要ファクターなのである。安心出来る店なら、戦いに集中できる。

■戦うべき相手を間違えるな!男友達は戦友!

そしてこちらもかなり重要。勝ちを急ぐあまり、自己PRに走りすぎてしまったり、友人をおとしめてはいけない。あくまでもチームの勝利の先に個人の勝利があることを忘れることなかれ。戦友としてお互いをほめたりフォローしたりは必須。

なぜか?初めて合コンに参加する女性も稀にいるが、ほとんどの女性が一度や二度合コンに参加した経験があるはず。そう、戦うべき真の敵は彼女たちが経験してきた過去の合コンであり、その合コンに参加していた男達であり、彼女達の元カレであったり、彼女達が現在進行形で会っている男達なのである。身内でつぶし合うような事態は、参加男性全員の相対評価を下げてしまい最悪の場合は全員敗戦を招く。

■合コンに行く時の服装は男前研究所で研究!

服装にもこだわりたい。特に合コンの場合、座っている時間帯が多いので上半身の身だしなみには特に気をつけたい。ジャケットのチョイスから、ネクタイ・ポケットチーフ・ラペルピンといった上半身をいろどるアイテム情報など、参考になりそうな情報を今後も発信していくので要チェック!

■相手全員がブ◯でも絶対に楽しませ、楽しむのが真の男

合コンでよくありがちなのが、席の近くの女性が好みでは無い場合。さらに言えば、全員ナシということもあるだろう。無愛想になったりぞんざいな態度になっていないだろうか?そんな時に問われるのが男前の真価。相手が誰であろうと絶対に楽しませることに力を抜いてはいけない。もっと言えば自分も楽しまなければならない。

なぜか?まず友人が幹事であった場合、相手も楽しませる上に楽しそうにしているあなたを見て、友人はあなたにきっと感謝することだろう。同時に悪いことしたなとも思うはずだし、リベンジで次の会にも呼ぼうと必ず思うはず。男性幹事からの評価が上がり、機会が増えるのだ。あなたにチャンスをくれた幹事の顔をつぶす様なことは絶対にすることなかれ!
失敗しても失うものがない場なので、あたためていたネタやトーク、キャラクターを披露してテストマーケするのもアリだ。

■自分の自己紹介はシンプルに!自分以外の自己紹介を質問で盛り上げる姿勢。

ほとんどの合コンで定番の自己紹介。だらだらと話す人(男性に多い)からシンプルな人まで色々。

自己紹介が長いと、自分を分かってほしいという余裕の無さを無意識に相手に感じさせる。長い自己紹介が面白ければまだ良い。長くてつまらない自己紹介は、”空気読めないしプレゼン下手なのかな?”というマイナスの印象しか生まない。

自己紹介はとにかく短くシンプルに。そして「質問ありませんか!?」と自分から聞く。あれば答える。無かったら「はい、残念ながら興味なしですね!(笑)次どうぞ!」などと潔く次にまわす。そして次の自己紹介者に質問し、盛り上げる。その行動により、自分より他人をケアできる人なんだという間接的な自己紹介になるのだ。

スポンサーリンク

 ■自分の仕事を語る準備を

例えば多かれ少なかれ仕事について女性から聞かれることがあると思う。そのときに何を話すか整理できているだろうか?

まずはあなたの働いている会社が合コン人気ランキングにも登場する人気ある会社であったり、化粧品や飲料をはじめとする消費材を扱う会社であったりする場合は話も盛り上がるだろうし、あまり苦労しないだろう。そうでない場合はうまく魅力が伝わる様に話す方法を考えておこう。
少々いやらしい感じに受け取る方もいるかもしれないが、わかりやすい一例を。知名度は高くないが給与ランクが非常に高い会社で働くI氏の語り。

I氏「キー◯◯スで働いてるよ。」

女性「え、キー◯◯ス?ごめんなさいあんまり会社に詳しくなくて..」

I氏「あ、知らない?そうそう、実は電◯(超有名企業、合コンでも人気。)にも内定もらってたんだけど俺学歴が良くないから電◯で出世できる気がしなくて、激務だけど電◯より給与も高いし、実力主義のキー◯◯スを選んだんだよね。親には電◯行けって言われたんだけどさ〜。でも思った通り、すごくやりがいもあって入社して良かったと思ってるよ^^」

女性「(え、電◯をけって行くなんてすごい会社なんだ。実力主義選ぶのも自分に自信があるんだな〜。)えーすごい。どんなお仕事なんですか?」

相手に興味を持たせてしまえば、この先は準備しておいた仕事のやりがい、おもしろ失敗談など好きに話せば良い。

相手女性が名前も知らない会社で働いているというハンディーを背負いながらも見事にひっくり返した好例だ。

そして巧妙なのは、言い回し。”学歴が良くない”、”激務”というネガティブ表現を混ぜ込むことでいやらしさを半減させつつ、”給与が良い”、”電◯と同等かそれ以上の会社”という相手に与えたい印象の刷り込みを行っている。※ちなみにI氏が本当に電◯に内定をもらっていたかどうかはご想像にお任せする。

■出そうな話題には最適な回答を準備しておくこと

合コンには頻出の話題がいくつかある。「好きな芸能人は?」「休日はなにしてる?」「どんな女の子がタイプ?」などなど。

その場で考えるのではなく、戦略をもって用意しておこう。

例えば「好きな芸能人は?」という話題に対して、本当に好きな女優やアイドルを回答していないだろうか?何も考えずに北川景子、新垣結衣とか答えてるようでは男前とは言えない。

本当に好きな女優やアイドルを答えるのではなく、”その芸能人が好きだなんて男前!”と感じさせる回答が正解である。

例えば、「森三中の大島美幸。」という回答はいかがだろう。

絶対に「え、本当に?なんでなんで??」と質問が飛んでくるはずだ。興味を惹き付けているので、多少語ってOK。

「彼女、容姿が原因で学生時代にすごくいじめられてたんだよ。お前が泣くと面白いからって。ひどいよね!でも彼女は”私が泣くだけで面白いなら、お笑いの世界にいってもっと沢山の人を笑わせてやる!”ていう強さと悲しみが混じった感じで道を切り拓いていったの。尊敬できるよね。すごく傷ついたぶん、人の痛みがよくわかってるんだよねあのコ。言動みてるとわかる。強がってるけど実は弱いし優しいみたいなコを守ってあげたい!(ドヤ顔でキメっ!)」

容姿の良い女優を挙げるより、100倍男前な回答だと思いませんか?

■モテないときには戦友の引き立て役にまわれ!

あなたがいかに男前でも女性にも好みがある。モテてないと思ったらガツガツせずに戦友の引き立て役にまわるという立ち位置に。戦友がいかにいい男か語ったり、ボケ役をしたり。少々くやしいが、次回のために貸しを作れ!(笑)引き立て役にまわることで大人の余裕が出て戦況が変化する可能性もある。意外と相手を引き立てる姿を見て魅力を感じる女性も多い。

 ■会計も男前に!

よっぽどのことが無ければ、男性陣で会計をカバーし女性に1円も払わせないこと。最初に挙げた店選びのところで男性カバー出来る金額におさえることも大事。最悪なのは勝手に高級店をえらび、男性が多めに出すにしても女性にも結構な金額を支払わせる行為。幹事が店選びから会計までスマートにうまく仕切ろう。

FOLLOW US

Related post