ジェネリック家具でお得にイケてる男部屋を実現!

ジェネリック家具インテリア一人暮らし

男たるものセンスの良いインテリアで気分良く日常を過ごしたいもの。しかし妻子持ちだと自分で使えるお金がわずかだったり、一般的に可処分所得が多いと言われる一人暮らしでも、付き合いや洋服・趣味で出ていくお金が多いのでなんだかんだでインテリアに大金をかけるのは難しいというケースが多いのではないでしょうか?それでもカッコいい部屋を諦めたくない男性におすすめなのが、最近人気急上昇中の「ジェネリック家具」。「ジェネリック家具?」と思われた方向けにジェネリック家具の解説と、おすすめのジェネリック家具を紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

ジェネリック家具とは?

一人暮らしインテリアesq.tokyo.jp

ジェネリック家具とは、意匠権が失効した有名デザイナーの名作家具を正規メーカー以外が復刻生産する商品を指します。別称「リプロダクト家具」と言われたりもします。意匠権の期限20年を過ぎたデザイン家具をベースとしているため、決してコピー商品ではありません。オリジナルデザインを忠実に再現したモデルから少しアレンジを加えたモデルまで幅広くありますが、ハイセンスなデザイン家具がオリジナルの1/3〜1/10程度の価格で入手できるとあって現在人気が高まっています

それでは具体的なおすすめモデルを紹介していきたいと思います。

おすすめジェネリック家具【イームズ シェルチェアー】

チャールズ・イームズはアメリカを代表する建築家、デザイナーとして知られます。モダンデザイン家具のパイオニアであると同時に、映画製作・写真・グラフィックデザインにおいても才能を発揮。妻のレイ・イームズと共同でプラスチック、積層合板、金属といった従来家具に使用されることの少なかった素材を用いた作品は後世のモダンデザインに今も大きな影響を残しています。中でも1950年代にリリースされた包み込むようなデザインが特徴の「シェルチェアー」は当時から現在に至るまで高い人気を博しています。

下のDSRというモデルは、Dining Side-chair Rodの略。脚が金属製です。

シェルチェアDSRジェネリック家具

イームズ シェルチェア DSRタイプ

下のDSWというモデルは、Dining Side-chair Wood Shell Chairの略称です。名称の通り脚がウッドタイプ、素材のコントラストが面白いですね。

ジェネリック家具イームズシェルチェアイームズシェルチェア DSWタイプ

ゆったり座るならひじ置きがあるタイプもあります!

DAWリプロダクト家具黒

イームズシェルチェアーDARタイプ

おすすめジェネリック家具【ル・コルビジェ コルビジェソファー】

誰もが一度は目にしたことのあるであろうこのソファーは、コルビジェソファーと呼ばれる1920年代に建築家でもあったコルビジェ氏がカッシーナからリリースしたモデルがオリジナル。ジェネリック製品、リプロダクト製品は丈夫で低価格を実現する合成皮革を一部または大部分に使用したのものが主流。モダンなデザインだけではなく座り心地の良さにも定評があります。

LC2 ジェネリック家具コルビジェソファータイプ

コンパクトなお部屋には1Pタイプもおすすめです。

LC2シングル用ジェネリック家具

コルビジェソファーシングルタイプ

おすすめジェネリック家具【イサムノグチ ノグチテーブル】

ニューヨーク近代美術館の館長の自宅用にデザインされたローテーブルです。丸みのある三角形はアシンメトリーで脚も独特の形状をしていて一目でデザイン家具だとわかるインパクトのあるデザインが特徴です。オリジナルは強化ガラスの厚みが19mmとかなり肉厚で重厚ですが、ジェンネリック製品の場合、コストと取り回しの良さを重視して厚みを薄くしているモデルもあります。できれば、15mm以上の厚みがあったほうがオリジナルの良さを損なわないと思います。

イサムノグチ ノグチテーブル リプロダクト

ノグチテーブル ガラス厚み19mmタイプ

おすすめジェネリック家具【ヴェルナーパントン パントンチェア】

デンマーク生まれの工業デザイナー・建築家であるヴェルナー・パントンが生み出した代表作がパントンチェア。プラスチック成型の独特なデザインはミッドセンチュリーデザインを象徴するとも言われ、現在でも高い人気を誇っています。

パントンチェアジェネリック家具 (1)

パントンチェアタイプ

おすすめジェネリック家具【アルネヤコブセン アントチェア】

デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンがデザインしたアントチェア。ありんこチェアと呼ばれることもあります。黒いタイプは本当にアリのようですね。木材ならではのしなり特性とラミネート加工技術のコンビネーションによって身体のカタチや体勢に柔軟に対応する座り心地の良さに定評がありますが、1952年に発表された当時には斬新すぎて人気がなかったことも有名です。(オリジナル初代モデルは3本脚!ジェネリックは3本脚タイプと4本脚タイプがあります)機能美が時代とともに認められ今ではデンマークデザインの象徴とも称される名作となりました。

アントチェアリプロダクト

アルネヤコブセン アントチェアタイプ

おすすめジェネリック家具【アルネヤコブセン セブンチェア】

1955年にアントチェアの後継モデルとして発表されました。よりミニマルなデザインがモダンな印象を強めます。

リプロダクト セブンチェア

アルネヤコブセンセブンチェアタイプ

おすすめジェネリック家具【アルネヤコブセン AJフロアライト】

イケてる部屋には間接照明アリ!AJフロアライトは場所もとらないのでおすすめです!ちなみに唐突なようですが、世界的なインテリアデザイナーとして活躍する森田恭通氏が「立った時、座った時にそれぞれの目線上に間接照明があるのは良い空間の条件」と語られていました。

間接照明ジェネリックアルネヤコブセンAJフロアライトタイプ

おすすめジェネリック家具【カスティリオーニ兄弟 アルコランプ】

天井から吊るすのではなくどうやってテーブル上を照らすランプを開発するかという観点で1962年にカスティリオーニ兄弟が考案したのがアルコランプです。試行錯誤の末、街灯にヒントを得てこのデザインが誕生したと言われています。オリジナルは台座に大理石が用いられており、ジェネリックでも同様のタイプがありますが大理石を用いないタイプも出ており金額的にはお得です。

アルコランプジェネリック家具

アルコランプタイプ

FOLLOW US

Related post